無料ブログはココログ

« 仙石由人を落選させる必要がある。 | トップページ | ヒラリー・クリントン発言が決め手だったか »

2010年9月29日 (水)

領土は世襲の財産である。

 固有の領土は、先祖から受け継いだものである。

 だからこそ、われわれは子孫に残さねばならない。

 領土問題では、たとえ一坪でも譲歩するならば、全国土についての領有する根拠を失ってしまうことになる。

 今日明日の銭金とは、次元が全く違う問題なのである。

 経団連の銭ゲバ商人たちには、国家意識というものがないのだろうか。

 中国が日本にレアアースを輸出しないというなら、それでいいではないか。

 ビンボーや不便にも、我慢すればよいのだ。三度の飯に困るわけではない。

 次第に、日本人の嫌中感情が、ヒートアップしていくだろう。そして、藤田の問題も含め、中国共産党の非道を社会にアッピールすれば、中国が国際社会から孤立してしまう。

 この際、チベット虐殺の人道問題についても、徹底的に広める運動をするべきだろう。

 いまからでも遅くはない。チベット虐殺の張本人であった現・国家主席の退陣を、要求するときである。

 http://www.youtube.com/watch?v=pab7NQ2Q1Pk

 

 

 

 

« 仙石由人を落選させる必要がある。 | トップページ | ヒラリー・クリントン発言が決め手だったか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

貧乏と我慢、我慢は男の証しだったのですが、今じゃ「我慢」をする男も少なくなりました。
中国は我慢される事と抵抗には弱いと思いますよ、中国の指導層も我慢を知らな世代、但し「権力」の怖さだけは知っています。

シコウさま
 コメントいりがとうございます。 
 銭のためにプライドを捨てたら、国家は亡びるしかありませんね。
 新渡戸稲造『武士道』を、いまこそリバイバルさせるべきだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/49591499

この記事へのトラックバック一覧です: 領土は世襲の財産である。:

« 仙石由人を落選させる必要がある。 | トップページ | ヒラリー・クリントン発言が決め手だったか »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30