無料ブログはココログ

« 領土は世襲の財産である。 | トップページ | 中国建国61周年を祝うレセプションに馳せ参じた国会議員たち »

2010年9月30日 (木)

ヒラリー・クリントン発言が決め手だったか

 日米安保条約に尖閣諸島が含まれるという米国国務長官の公式コメントが、なによりも中国共産党に侵略は時期尚早と思わせたのではないだろうか。

 しかし、中国共産党は、次の好機を何年でも待つであろう。

 日本人の嫌中感情を忘れさせるように、あらゆる情報戦を仕掛けてくるだろう。

 日米関係の悪化を、画策し続けるだろう。

 日本人が防衛力を軽視するべく、心理戦を止めることはない。

 問題は、日本国内に、中国共産党に通牒する売国奴がたくさんいることだ。

 そういうインチキコメンテーターや赤い大学教授という国賊どもをあぶりだすこと、国会議員なら落選させること、が、日本再生の確実な第一歩であろう。

« 領土は世襲の財産である。 | トップページ | 中国建国61周年を祝うレセプションに馳せ参じた国会議員たち »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いつまでもアメリカ攘夷に浸ってる場合じゃないのです。正常な独立国に成りたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/49607628

この記事へのトラックバック一覧です: ヒラリー・クリントン発言が決め手だったか:

« 領土は世襲の財産である。 | トップページ | 中国建国61周年を祝うレセプションに馳せ参じた国会議員たち »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30