無料ブログはココログ

« ついでに言えば、 | トップページ | 国辱 中国人船長の釈放 »

2010年9月23日 (木)

領土と国民の生命・財産を守るのが政治である。

 「生活者主権」という革命煽動用語をつくったのは、大前研一である。ここでいう生活者という変な日本語は、プロレタリアートを大前流に翻訳したものだ。国籍も国家意識も持たない、文句ばっかり言っているような人間たちを想定している。それをパクった、 民主党の「国民の生活が第一」というスローガンは、カネをばら撒くから票を入れろという意味に過ぎない。

 

 政権が交代して一年も経ってから、いまだにこんな最低の思想に共鳴する有権者がかなりの数で存在しているということに驚愕せざるを得ない。

 日本固有の領土を死守することは、政治の最優先事項である。

 国際社会に、中国共産党の非を必死にアッピールする必要がある。

 自衛隊を尖閣諸島に常駐させるのも、早急に行うべきだろう。

 違法操業する中国の漁船モドキを、海上保安庁が片っ端から捕まえなくては、日本が主権国家ではなくなってしまう。

 米国の政府高官や提督クラスの軍人に、尖閣諸島の視察をしてもらうのも重要だ。

 世界のマスコミに、尖閣諸島の現状を取材してもらうことも有効だろう。

 もちろん、事がここに至れば、商人にすぎない中国大使の出番ではないのだから、職業外交官に変えるのも当たり前のことだ。

 

 また、尖閣問題がある以上、中国に在住している日本人の身も危ないとみるのが常識であろう。渡航禁止に近い措置をとらなくてはならない。少なくとも、観光旅行は全面禁止するべきだろう。

 フォークランド紛争で、アルゼンチンに対して断固として武力を行使したM. サッチャーを見習う時が来たのである。

 

 

 

« ついでに言えば、 | トップページ | 国辱 中国人船長の釈放 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

領土・資源が存在しない黄海で中国漁船を拿捕した韓国には一言も触れない。資源と領土の拡大を計る「尖閣」では騒ぐ、中共のやり方を見ていれば底が割れる。日本は毅然と対応していくべき、喧嘩は当然の事仕方がない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/49532900

この記事へのトラックバック一覧です: 領土と国民の生命・財産を守るのが政治である。:

« ついでに言えば、 | トップページ | 国辱 中国人船長の釈放 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31