無料ブログはココログ

« 太田総理が終わった。 | トップページ | 二大政党制というペテン »

2010年8月30日 (月)

マスコミは菅直人に続投させたがっている

 どちらにも総理大臣になってはいけない人間であるという意味で、最低最悪の代表選になっている。

 そこに、外国人サポーター票という、デタラメさもある。

 もともと、政党や政治家は、外国人からカネをうけとってはならないのであるから、外国人サポーターという言葉そのものがありえないはずだ。

 それでも左翼マスコミは、小沢一郎総理大臣を阻止するべく、偏向アンケート調査をしきりに発表している。

 たしかに、小沢一郎総理になれば、国民の感情が爆発し、総選挙にもつれこまざるをえなくなる。

 とはいえ、菅直人政権が続けば続くほど、無策かつ社会主義政策のまま、日本経済は沈む一方なのは明らかだ。

 その結果、左翼マスコミの経営もますます苦しくなるのはあきらかなのだが、それでも味方するから不思議である。

 

 

« 太田総理が終わった。 | トップページ | 二大政党制というペテン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/49297929

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミは菅直人に続投させたがっている:

« 太田総理が終わった。 | トップページ | 二大政党制というペテン »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30