無料ブログはココログ

« 消息不明の高齢者報道は、朝鮮学校無償化の隠蔽工作 | トップページ | 中川八洋『近衛文麿の戦争責任』 »

2010年8月 9日 (月)

靖国神社に参拝しないなら、総理大臣になるな!

 総理大臣は、靖国神社に参拝すべきではないと論陣を張る、三流以下の学者やジャーナリストモドキが跳梁跋扈している。

 A級戦犯が祀られているからダメ。

 シナ人や朝鮮人の感情に配慮して、総理大臣は参拝すべきではない。

 など、わかったようなわからんような屁理屈を並べる。

 総理大臣の参拝に反対する意見があること自体は、それはそれでよいと思う。しかし、本質的な議論を避けるのは卑劣である。

 靖国神社には、戊辰戦争以降、日本国のために戦って亡くなった軍人・軍属・準軍属が祀られている。例外もあるが、ここでは触れない。

  彼らは、命を懸けて戦った。それには、亡くなった後には、靖国神社で日本国が続く限り祀られるということが、言わずもがなの前提条件であった。

 であるからして、日本国としては、天皇陛下を含めた皇族の方々、内閣総理大臣とを含めた三権の長、防衛大臣、自衛隊のトップ(幕僚長以上)などが参拝することが、亡くなった人々と約束であることは自明である。

 総理大臣は靖国参拝をすべきではないと主張するのであれば、彼らと日本国との約束を反故にしてよいと明言する必要がある。

 「死人に口なし」であり、本人が死亡してい以上、契約は無効になると、論陣を張らなくてはならない。

 だが、朝日新聞を筆頭に、極左反日ジャーナリストや御用三流学者たちは、そのような際どい議論には全く触れない。もちろん、彼らは唯物論者であるから、死者との契約など無効なのは議論の余地もないだろう。

 それならそうと、堂々と主張せよ!

 彼らはジャーナリストでも学者でもない。

 純粋な、反日デマゴーグである。

 もっと大事なことは、日本国が継続している限り、靖国参拝は、日本国総理大臣の義務である。

 参拝したくないから、総理大臣になるな!

 

 

 

 

« 消息不明の高齢者報道は、朝鮮学校無償化の隠蔽工作 | トップページ | 中川八洋『近衛文麿の戦争責任』 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/49096299

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国神社に参拝しないなら、総理大臣になるな!:

« 消息不明の高齢者報道は、朝鮮学校無償化の隠蔽工作 | トップページ | 中川八洋『近衛文麿の戦争責任』 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31