無料ブログはココログ

« 靖国神社に参拝しないなら、総理大臣になるな! | トップページ | ローマ帝国の皇帝がこんな談話を出したら、確実に暗殺されてます。 »

2010年8月10日 (火)

中川八洋『近衛文麿の戦争責任』

 『近衛文麿とルーズベルト』は持っているのですが、予約しました

 昭和史の常識を覆した「幻の奇書」、待望の復刊! 日本はなぜアメリカと戦争したのか? 華族筆頭だった男の裏切りと野望のすべて。

  • 単行本: 205ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2010/8/10)
  • ISBN-10: 4569791166
  • ISBN-13: 978-4569791166
  • 発売日: 2010/8/10
  •  この本を初めて読んだとき、私は脳天をぶん殴られたような衝撃を受けた。

     「そうか、近衛文麿は愚図だったのではなく、わざと日本を滅ぼそうとしていたのかー」

     

      ソ連は、日本を英米と戦わせて亡国を狙っていた。そのうえで、日本列島をソ連に貢ぐことを画策していた。

     日本を南進させることで、アジアから英国を追い出し、ソ連の傘下に収めようとしていた。

     そして、近衛文麿は、河上肇門下の確信的共産主義者であり、ソ連のエージェントであった。

     近衛文麿は、日本国をソ連に売り渡すために、わざと英米との自滅的戦争に踏み切った。

     そして、全てがバレそうになって自殺した。

     工藤美代子らによる、近衛文麿賛美のノンフィクションは、全て嘘宣伝である。

     

    « 靖国神社に参拝しないなら、総理大臣になるな! | トップページ | ローマ帝国の皇帝がこんな談話を出したら、確実に暗殺されてます。 »

    経済・政治・国際」カテゴリの記事

    コメント

    その工藤が昨年PHPから出した「近衛家七つの謎」は、中川氏の著作への対抗では。工藤は、幾つかの「保守」団体の理事に名を連ねてるので御用心。

    鳳山の6時さま

     工藤美代子は要注意人物ですね。共産チェコスロバキアにわざわざ留学しています。
     日本は、そういう情報工作員だらけです。

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/49108598

    この記事へのトラックバック一覧です: 中川八洋『近衛文麿の戦争責任』:

    « 靖国神社に参拝しないなら、総理大臣になるな! | トップページ | ローマ帝国の皇帝がこんな談話を出したら、確実に暗殺されてます。 »

    最近のトラックバック

    ウェブページ

    2017年7月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31