無料ブログはココログ

« 外国人サポーターがカギを握る代表選 | トップページ | マスコミは菅直人に続投させたがっている »

2010年8月28日 (土)

太田総理が終わった。

 こんなものに、政治家が出演するべきではなかった。

 芸人とは、社会の寄生虫である。芸として、政治を風刺する程度にするのが常識であって、憲法や国防などに口を挟むべきではない。

 不快な番組がやっと終わってくれた。

 最後なのだから、

「漫才師が天下国家を語るなど、おこがましいにもほどがある。分限をわきまえろ!」

 とでも、誰かが正論を喝破すべきであったろう。次回の総選挙では、当選確実になったと思う。

 

« 外国人サポーターがカギを握る代表選 | トップページ | マスコミは菅直人に続投させたがっている »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。お邪魔します。
太田総理が終了して、私も、せいせいしています。
これを機会に、他のレギュラー番組も潰して欲しいです。
さて、テレビの太田に対して、漫画の方は小林よしのりですね。
奴は一時サピオで自衛隊論を書き始めていましたが、最新号ではあっというま(それも、たった一号で!)に天皇論にとんぼ返りですね。
更に奴はサピオ最新号で運動はダメだと説教をかましていましたが、そんなアンタもゴー宣道場なんかやめてほしいです。それだって運動なのですから。
それに、ゴー宣言も店じまいして、漫画誌(それも、週間!)に復帰しろといいたいです。
そんな、小林よしのりをバッサリ切り倒してくれる
新田教授のブログには、スカッとします。
長文失礼しました。

戦艦加賀さま
 コメントをいただき、ありがとうございます。
 小林よしのりの「ゴーマニズム宣言」は、もはや議論の体を成していないですよね。
 数々の矛盾については、
 
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
 http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/

 が、わかりやすくまとまっていますね。
 

其れ自体は「やくざ・ごろつき・ちんぴら」(特に吉本系)でしかない「お笑い芸人」どもが政治其の他で、しゃしゃり出たのは、本を糺せば「ビートたけし」こと北野武の悪影響によるもの。北野を何故か「保守」と見做し、保守系のサイトでも其の様な認識が有りますが、例えば「だから私は嫌われる」を読んだだけで北野の「アナーキスト」振りが判ります。何せ「チャーチルよりもヒトラー」と書いてある位ですから。本人に言わせれば「漫才」のお積もりでしょうけど。所詮は「メディアの寵児(ペット)の電波芸者」ですね。

 鳳山の6時 さま
 
 なにしろ、そのまんま東の師匠ですからね。
 
 多芸で破天荒な大天才ではありますが、しょせんは無学な芸人ですね。TVタックルも、早く終わりにしてほしい。。。
 
 それにしても、「お笑い芸人」がテレビのあらゆるジャンルにあふれ返っていますね。せめて、子供番組に出るのは自粛してほしい・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/49273357

この記事へのトラックバック一覧です: 太田総理が終わった。:

« 外国人サポーターがカギを握る代表選 | トップページ | マスコミは菅直人に続投させたがっている »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30