無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

二大政党制というペテン

 マルクス・レーニン主義の極左政党が大政党として存在すること自体が、もともとおかしいのだ。

 そもそも、反日政治家だどというものが、国会議員になっていること自体が狂っている。

 官公労(日教組を含む)という公務員の団体が、自分たちの特定利益のために組織内議員を出したり、特定の政党に資金供与することが、憲法違反なのは自明であろう。

 こういうものを国会から放逐して、はじめて保守系の二大なり三大政党が出来うる。

 とにかく、いまどきマルクス・レーニン主義に国会が乗っ取られているのは、中国、北朝鮮、キューバ、ベトナム、ラオス、ネパール、そして日本である。

 

2010年8月30日 (月)

マスコミは菅直人に続投させたがっている

 どちらにも総理大臣になってはいけない人間であるという意味で、最低最悪の代表選になっている。

 そこに、外国人サポーター票という、デタラメさもある。

 もともと、政党や政治家は、外国人からカネをうけとってはならないのであるから、外国人サポーターという言葉そのものがありえないはずだ。

 それでも左翼マスコミは、小沢一郎総理大臣を阻止するべく、偏向アンケート調査をしきりに発表している。

 たしかに、小沢一郎総理になれば、国民の感情が爆発し、総選挙にもつれこまざるをえなくなる。

 とはいえ、菅直人政権が続けば続くほど、無策かつ社会主義政策のまま、日本経済は沈む一方なのは明らかだ。

 その結果、左翼マスコミの経営もますます苦しくなるのはあきらかなのだが、それでも味方するから不思議である。

 

 

2010年8月28日 (土)

太田総理が終わった。

 こんなものに、政治家が出演するべきではなかった。

 芸人とは、社会の寄生虫である。芸として、政治を風刺する程度にするのが常識であって、憲法や国防などに口を挟むべきではない。

 不快な番組がやっと終わってくれた。

 最後なのだから、

「漫才師が天下国家を語るなど、おこがましいにもほどがある。分限をわきまえろ!」

 とでも、誰かが正論を喝破すべきであったろう。次回の総選挙では、当選確実になったと思う。

 

外国人サポーターがカギを握る代表選

 国から政党助成金を貰っている日本の政党なのに、外国人サポーターや党員がいること自体がデタラメなのだが、大手マスコミはなにも追及しない。

 与党の代表選であるから、実質的な総理大臣を決める選挙である。

 日本の融解はここに至るのだ。

 現首相と小沢一郎のどちらが勝とうが、このままでは亡国に突っ走ることになる。

 民主党にも保守系議員がいるというデマが流れている。いまや、そんなものは一人もいない。極左ではない、普通の左翼であるというだけだ。

 ドブ板ローラー作戦の選挙を強いられ、左翼マスコミにプライバシーを暴きに暴かれてしまう。この政治風土は、ますます過激になっており、まともな人間が政治家になろうとするわけがない。

 

2010年8月26日 (木)

経済に素人の財務大臣

松下政経塾出身の政治家たちは、例外なく非常にレベルが低い。

塾では何を学んでいるのかというと、

wiki によれば、

  • 各界講師の講義、卒業生による講話といった講義
  • 早朝清掃および早朝ランニング
  • 書道、剣道、儒教講話など日本の文化や精神の学習
  • 英語、中国語などの語学研修
  • 製造業、営林活動の体験(パナソニック工場での製造作業、店舗での営業販売など)
  • 自衛隊への体験入隊

なお、三浦半島100 kmを一日で一周するカリキュラム(100キロ行軍と呼ばれる強歩大会)なども行われている。

 とのこと。

 ある塾生の一日 というのを見て、ラジオ体操とか書道とか、笑いださない人はいないだろう。

http://www.mskj.or.jp/info/1day.html

 大卒後の若者がそんな生温い環境に何年もいたら、ダメになるのは当たり前だ。

 入学する前よりも、卒業した後のほうが、人間としての能力は大きく劣化するだろう。

 官僚でなくて政治家になりないなら、政治家の秘書になって、実地で仕事を覚えていくほかない。

 松下幸之助が死去したときに、この塾も閉鎖するのが国益のためであったと確信している。

2010年8月22日 (日)

社会科の知識は小学5年生以下

「改めて法律を調べたら、総理大臣は内閣を代表して自衛隊に対する最高の指揮監督権を有していた」

 これが、現職の総理大臣の発言なのには、驚天動地というほかない。

 

 代表選は、現職総理大臣と小沢一郎の決戦になるのかどうか。

 どちらが民主党代表・総理大臣になったとしても、国政が混乱するだけである。参議院で過半数の議席がない以上、国会運営ができない。そもそも、小沢一郎総理大臣になれば、さすがに赤いマスコミたちも政治とカネの問題を報道せざるをえなくなる。

 

 いずれにしても、民主党分裂の始まりであろう。

2010年8月19日 (木)

最低賃金15円アップという大愚策

 この不景気に最低賃金を上げれば、企業の業績がさらに悪化するに決まっている。

 製造業の国際競争力がさらに低下するのは確実である。

 なんといっても、企業が新規採用枠を削るであろうから、新卒の就職浪人が増える。

 こんなわざとやっているとしか思えない大愚策を、民主党政権はこっそりと実行するのである。

 現実に企業の経営に参画している人たちには、大変な重圧になるだろう。

 民主党は、地に足がついた生活をしていて、現実的な感覚を持って、マトモに物事を考えるような人間たちを、票田とは考えていないのである。

 あまり政治に関心がなく、言葉の上っ面だけに感化れれてしまう人たちや、ごく目先の利得に走る人たちから、票を搔き集めようとしている。

 民主党政権の黒幕たち(議員ではなく、党内の政策スタッフたち、新左翼の成れの果ての巣窟≒人間の屑、非国民)とは、決してバカというわけではないのである。衆愚政治の末期であることは百も承知であり、それを可能な限り利用しようと試みているのだ。

2010年8月18日 (水)

日本人は、共産主義に対して寛容すぎる

 日本では、幸運にも本格的な左翼革命が起こったことがない。

 また、日本の左翼政党は、本心はともかく、暴力革命という路線は隠している。

 しかし、いったん衆参両議院で左翼政党が過半数を握ったら、その本性をあらわすことはあきらかである。

 「共産主義黒書」「動物農場」あたりでも、あらためて読んでみてはいかがだろうか。

 ボルシェビキとかウクライナ虐殺とかスペイン内戦というと、生まれる前のことなので実感が湧かない。

 しかし、ポル・ポトによるカンボジア国民大虐殺は、70年代のことである。

 北朝鮮、シナ、ラオス、ミャンマー、ベトナム、ネパールなどは、現在進行形だ。

 地理的にも時間的にも、決して遠いことではない。

 もしも日本に左翼革命が起きた場合、これらの国々の事例が繰り返されるであろう。

 たとえるなら、日本が北朝鮮になるということだ。 

 すなわち、

 日米同盟破棄

 独裁者

 皇室廃止

 秘密警察の設立(モデルはKGBか)

 裁判なしでの逮捕・処刑

 インターネットを含む情報統制、密告の奨励

 宗教の廃止(寺社仏閣、新興宗教全て)

 家族制度の廃止

 共産主義の思想教育強制

 民間企業の国有化、超低賃金による国民全員参加の労働

 強制重労働収容所

 軍事パレード

 そして、革命に協力した人々は、用済みなので処刑か収容所行きとなる。。。

 共産主義というのは、かくもあまりにも危険な思想である。そのシンパとは、馬鹿でないなら、洗脳されちゃった人だ。

 マルクス・レーニン主義というのは、ユダヤ教をモデルにしているから、宗教という側面が濃厚である。

 また、マルクス・レーニン主義は、弁証法を取り入れているため、全ての失敗が各論になってしまう。だから、ソ連崩壊や北朝鮮の現実を見ても、「あれは共産主義のやり方が悪かった」ということになり、革命運動を止めることは決してない。エンドレスな思考法なのだ。

 20歳を過ぎて共産主義を信奉する団体に所属した者は、生涯その思想を堅持する可能性が極めて高い。このような人々を、公職に就けるのはもってのほかである。いまからでも遅くはない。共産主義者を、追い出そう。一番簡単なのは、そのような政治家を、選挙を通じて国会から、地方議会から放逐することである。

 それなら、総理大臣も官房長官も落選させなくてはならないということになろうが、それも小選挙区制ならば、さほど困難ではないのではないか?

 また、国旗国歌を拒否するような公立学校の教師がいたら、保護者はどんどん教育委員会に告発することだ。公務員として国旗国歌法に違反しているのであるから、通報することは国民の義務である。彼らはクビになったら食べていけないであろう(予備校講師や家庭教師として食えるのはあまりいないだろうねえ・・・)から、これを徹底してやられたら震え上がるはずだ。

 日本は、共産主義に寛容過ぎる。それが、我が国を窮地に追い込んでいる。

 反日(共産主義者)議員を、1人でも多く落選させよう。

 反日教師たち(多くは日教組)を、1人でも多く学校から追い出そう。

 

 

 

2010年8月16日 (月)

8月15日ー靖国神社

 昨日、靖国神社に参拝してきた。昇殿はしなかった。

 ところで、閣僚全員、衆参両議院議長が参拝しないことに、大きな違和感を覚える。

 民主党の国会議員には、血統的には日本人ではない連中が非常に多いと噂されている。

 少なくとも、日本人であるというアイデンティティーを持っていないのは間違いない。

 また、マルキストたちは例外なく唯物論者なので、死者を弔うということに全く意義がないと考えるのが普通である。

 日本の政治は、とんでもない連中に簒奪されている。緊急事態である。参議院選挙で民主党が議席を減らしたのは、われわれの反撃が始まったというだけだ。

 民主党の正体を、1人で多くの日本人に知っていただく草の根活動を止めるわけにはいかないのである。

2010年8月15日 (日)

売国奴指数世界一の外務大臣

菅談話「露呈する悪循環」、韓国の修正に「外相抗議せず」北にも“おわび

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/427838/

岡田克也外相は13日の記者会見で、日韓併合100年にあわせた菅直人首相の談話の中で朝鮮半島由来の文化財を「お渡しする」とした表現を、韓国政府が意図的に「返還」に修正していたことについて、「韓国政府内の対応なので、コメントしない」と述べ、抗議しない考えを表明した。一方で、菅談話の趣旨が北朝鮮にも及ぶと語り、北朝鮮に補償要求の言質を与えるなど、懸念されていた「謝罪外交の悪循環」が早くも露呈した。  以下略

 お願いだから、外交・国防に関わるポストから外れて欲しい。

 それにしても、代表選(実質的に総理大臣選出)に、財務大臣や外務大臣のような主要閣僚が誰も出馬しないのは異様である。

2010年8月14日 (土)

ネット上の内閣支持率

http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php

大手マスコミのアンケートだと、今月の内閣支持率は40%弱くらいか。

この乖離を説明するのは難しい。

謝罪談話を発表したら夏休み

 実際には、来月の代表選対策に専念しているのだろう。

 経済問題は放置。災害後の対策もしない。

 靖国神社には行くわけがない。

 これが、自民党の総理大臣であれば、マスコミの総バッシングは間違いない。

 反日極左の権化が総理大臣とは、あまりにも酷い状況である。民主党政権である限り、金太郎飴のように、同じような総理大臣や閣僚が入れ替わっていくだけだ。そんなことをしているうちに、最低賃金の値上げ、子供手当のバラマキ、科学技術研究費の削減、控除の廃止による事実上の大増税などで、日本経済は壊滅に向かってゆく。

 一日も早く、解散総選挙に追い込むしかない。

2010年8月13日 (金)

菅談話は閣議決定されている

 つまり、現在の閣僚全員は、共同正犯である。

 原口一博総務大臣や野田佳彦財務大臣などは、反対の意思を表明したらしいが、それでも署名したのである。そして、署名した後で、大臣ポストを返上したわけでもない。

 松下政経塾出身者らしい、選挙目当ての愚劣なパフォーマンスである。

 

 天皇陛下を政治利用した小沢一郎と対立した羽毛田信吾 宮内庁長官も、結局は認めたわけである。そのあとで、羽毛田は、割腹して抗議したわけでも、国民の前で謝罪したわけでも、職を辞したわけでもない。

 はじめから筋書きのあった、反日・反皇室に執念を燃やす宮内庁長官による、見え透いたパフォーマンスであっただろう。

2010年8月12日 (木)

自民党の谷垣総裁が、8月15日の靖国参拝を明言

 民主党の閣僚全員が参拝しないので、今年は左翼マスコミが騒がない。

 自民党は、イデオロギーにおいて民主党と正反対であることをはっきりさせてほしい。

 そして、党内の極左議員たちを追放することも必要だ。

 このさい、谷垣総裁は、財政難に苦しむ靖国神社の国営化を公約されたらいかがであろう。

 また、伏見宮系の旧皇族の男子の方々を、皇族に復帰させることも決断していただきたい。

 そうすれば、日本国民の大多数が再び自民党を支持するであろう。

2010年8月11日 (水)

枝野幸男幹事長の落日

【民主党】8.9 枝野幹事長定例記者会見、代表選と謝罪談話[桜H22/8/10]

http://www.youtube.com/watch?v=YM1kk2PNXy0

4分40秒頃~

 モンゴル人の友人が、元寇で日本に迷惑をかけたと謝った。だから、日本が韓国に際限なく謝罪するのは当然である。

 

 抱腹絶倒とはこのことである。ヤキが回ったというか、極左活動家の連中は、守勢に立つとほんとうに弱い。

 幹事長として、先月の参議院選挙で敗北した。

 革マルとの覚書・資金提供が新潮45で明らかにされた。

 もう、政治家として未来はないのは、ご本人が自覚されているだろう。

 次回の総選挙では、ぜひとも国会から去っていただこう。

2010年8月10日 (火)

ローマ帝国の皇帝がこんな談話を出したら、確実に暗殺されてます。

内閣総理大臣談話

 平成二十二年八月十日


 本年は、日韓関係にとって大きな節目の年です。ちょうど百年前の八月、日韓併合条約が締結され、以後三十六年に及ぶ植民地支配が始まりました。三・一独立運動などの激しい抵抗にも示されたとおり、政治的・軍事的背景の下、当時の韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷付けられました。

 私は、歴史に対して誠実に向き合いたいと思います。歴史の事実を直視する勇気とそれを受け止める謙虚さを持ち、自らの過ちを省みることに率直でありたいと思います。痛みを与えた側は忘れやすく、与えられた側はそれを容易に忘れることは出来ないものです。この植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し、ここに改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明いたします。

 このような認識の下、これからの百年を見据え、未来志向の日韓関係を構築していきます。また、これまで行ってきたいわゆる在サハリン韓国人支援、朝鮮半島出身者の遺骨返還支援といった人道的な協力を今後とも誠実に実施していきます。さらに、日本が統治していた期間に朝鮮総督府を経由してもたらされ、日本政府が保管している朝鮮王朝儀軌等の朝鮮半島由来の貴重な図書について、韓国の人々の期待に応えて近くこれらをお渡ししたいと思います。

 日本と韓国は、二千年来の活発な文化の交流や人の往来を通じ、世界に誇る素晴らしい文化と伝統を深く共有しています。さらに、今日の両国の交流は極めて重層的かつ広範多岐にわたり、両国の国民が互いに抱く親近感と友情はかつてないほど強くなっております。また、両国の経済関係や人的交流の規模は国交正常化以来飛躍的に拡大し、互いに切磋琢磨しながら、その結び付きは極めて強固なものとなっています。

 日韓両国は、今この二十一世紀において、民主主義や自由、市場経済といった価値を共有する最も重要で緊密な隣国同士となっています。それは、二国間関係にとどまらず、将来の東アジア共同体の構築をも念頭に置いたこの地域の平和と安定、世界経済の成長と発展、そして、核軍縮や気候変動、貧困や平和構築といった地球規模の課題まで、幅広く地域と世界の平和と繁栄のために協力してリーダーシップを発揮するパートナーの関係です。

 私は、この大きな歴史の節目に、日韓両国の絆がより深く、より固いものとなることを強く希求するとともに、両国間の未来をひらくために不断の努力を惜しまない決意を表明いたします。

 ほんとうに分が悪くなるので、内容についての論評は控えさせていただきます。わざわざ日程を早めて、抜き打ち的に発表したセコさにも絶句しました。

中川八洋『近衛文麿の戦争責任』

 『近衛文麿とルーズベルト』は持っているのですが、予約しました

 昭和史の常識を覆した「幻の奇書」、待望の復刊! 日本はなぜアメリカと戦争したのか? 華族筆頭だった男の裏切りと野望のすべて。

  • 単行本: 205ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2010/8/10)
  • ISBN-10: 4569791166
  • ISBN-13: 978-4569791166
  • 発売日: 2010/8/10
  •  この本を初めて読んだとき、私は脳天をぶん殴られたような衝撃を受けた。

     「そうか、近衛文麿は愚図だったのではなく、わざと日本を滅ぼそうとしていたのかー」

     

      ソ連は、日本を英米と戦わせて亡国を狙っていた。そのうえで、日本列島をソ連に貢ぐことを画策していた。

     日本を南進させることで、アジアから英国を追い出し、ソ連の傘下に収めようとしていた。

     そして、近衛文麿は、河上肇門下の確信的共産主義者であり、ソ連のエージェントであった。

     近衛文麿は、日本国をソ連に売り渡すために、わざと英米との自滅的戦争に踏み切った。

     そして、全てがバレそうになって自殺した。

     工藤美代子らによる、近衛文麿賛美のノンフィクションは、全て嘘宣伝である。

     

    2010年8月 9日 (月)

    靖国神社に参拝しないなら、総理大臣になるな!

     総理大臣は、靖国神社に参拝すべきではないと論陣を張る、三流以下の学者やジャーナリストモドキが跳梁跋扈している。

     A級戦犯が祀られているからダメ。

     シナ人や朝鮮人の感情に配慮して、総理大臣は参拝すべきではない。

     など、わかったようなわからんような屁理屈を並べる。

     総理大臣の参拝に反対する意見があること自体は、それはそれでよいと思う。しかし、本質的な議論を避けるのは卑劣である。

     靖国神社には、戊辰戦争以降、日本国のために戦って亡くなった軍人・軍属・準軍属が祀られている。例外もあるが、ここでは触れない。

      彼らは、命を懸けて戦った。それには、亡くなった後には、靖国神社で日本国が続く限り祀られるということが、言わずもがなの前提条件であった。

     であるからして、日本国としては、天皇陛下を含めた皇族の方々、内閣総理大臣とを含めた三権の長、防衛大臣、自衛隊のトップ(幕僚長以上)などが参拝することが、亡くなった人々と約束であることは自明である。

     総理大臣は靖国参拝をすべきではないと主張するのであれば、彼らと日本国との約束を反故にしてよいと明言する必要がある。

     「死人に口なし」であり、本人が死亡してい以上、契約は無効になると、論陣を張らなくてはならない。

     だが、朝日新聞を筆頭に、極左反日ジャーナリストや御用三流学者たちは、そのような際どい議論には全く触れない。もちろん、彼らは唯物論者であるから、死者との契約など無効なのは議論の余地もないだろう。

     それならそうと、堂々と主張せよ!

     彼らはジャーナリストでも学者でもない。

     純粋な、反日デマゴーグである。

     もっと大事なことは、日本国が継続している限り、靖国参拝は、日本国総理大臣の義務である。

     参拝したくないから、総理大臣になるな!

     

     

     

     

    2010年8月 8日 (日)

    消息不明の高齢者報道は、朝鮮学校無償化の隠蔽工作

     高校無償化については、実現している。

     朝鮮学校無償化については、文部大臣の許可があれば実現してしまう状況になっている。

     政府としては、国民的な議論にしないまま、コソコソと実施してしまいたのがミエミエである。

     マニフェストに記載していなかったことを優先して実現しようとするのが、民主党の常套手段なのであり、国民はもう気がついただろう。

     先月の参議院選挙で民主党に投票した人たちも、さすがに後悔するのではないか。

    朝鮮学校無償化は、拉致被害者を見殺しにすること

     産経新聞によれば、朝鮮学校長とは、金正日自らが指名する高級幹部のポストであるという。

     ここを経済的に支援するということは、北朝鮮/朝鮮総連に直接カネを払うのと同じことだ。

     テロ国家を支援することになる。

     ましてや、日本は拉致被害者がいるのだ。

     さらには、ミサイルが日本列島に照準を定めている。

     この状況で、北朝鮮に経済支援をすれば、日本は世界中から嘲笑される。

     なによりも許せないのは、拉致被害者を見殺しにするということだ。

     そして、民主党の政治家たちには、北朝鮮からのキックバックがあるのだろう。

     また、川端達夫文科大臣肝いりの、検討メンバーたちとはいったい誰か?

     北朝鮮に血のルーツがある大学教授たちなのは、だいたい想像がつくが・・・

     朝鮮学校無償化を推進する連中とは、人間の屑というより、血も涙もない鬼畜そのものであると思う。

      http://www.youtube.com/watch?v=kApCGt1LzXQ

    2010年8月 7日 (土)

    海江田万里が民主党代表選に出馬

     閣僚の経験すらない経済評論家が、代表選の有力候補になるとは、民主党の人材払底は笑ってしまうほど末期的である。

     経済評論家といったって、国際経済がわかるわけでもなく、節税の相談に乗るくらいしか出来ないレベルである。著書も多数あるが、いずれもそんな程度なのだ。

     なお、海江田は、国旗国歌法案に反対票を投じている。

     また、外国人参政権にも、かなり昔から推進している売国奴である。

     http://www.mindan.org//shinbun/981202/topic/topic_j.htm

     海江田が総理になったとしても、短命政権になるのはわかりきっている。そして、民主党政権である限り、誰が総理大臣になっても、金太郎飴のようにその売国政策が不変なのもはっきりしている。それが、民主党の本性であり、外国政府がバックにいるからだ。

     民主党政権である限り、政治が空転しつづけるのであるから、一日でも早く解散総選挙に追い込まなくてはならない。

     朝鮮学校無償化や菅談話などの売国行為は、まともな日本人のハートに火をつけるのは明らかである。

     衆議院選挙は、300議席が一人区であるから、先月の参議院選挙の結果をみてもわかるように、民主党の議員たちはほどんど勝てないだろう。東京一区の海江田すら、橇大臣になったとしても与謝野馨に勝てるかどうか。ましてや、小沢チルドレンは全滅に近いと予想される。

     現職総理大臣を含めた民主党の幹部たちを、どれだけ国会から放逐できるかが焦点になるだろう。

     

    2010年8月 6日 (金)

    枝野幸男幹事長と革マルー覚書と政治献金

    http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV?gl=JP&hl=ja#p/u/4/vWyfg9kCUNg

     新潮45の大スクープであった。

     また、これを衆議院予算委員会で追及した平沢衆議院議員は、GJというか、美味しいところを持っていったというべきか。

     また、この件についてはよく知らないという答弁で逃げ、幹事長職から更迭すらしない総理大臣にも、驚愕するほかない。

     議員辞職というより、政界から永久追放されるべき、政治家として致命的スキャンダルである。ましてや、現職の与党幹事長であるのだから、大手新聞各誌が連日一面で取り上げ、徹底追及するべき、重大な問題だろう。しかし、テレビや新聞では、ほとんど報じられないのは不可解である。

    2010年8月 5日 (木)

    9月14日の民主党代表選で菅直人が敗北したら・・・

     立憲政治なので、衆議院第一党の党首(代表)が総理大臣になるとこは、憲政の常道である。

     もしも、菅直人が代表選で敗北したら、内閣は総辞職しなくてはならない。

     それでも、総理大臣の座に居座ったらどうなるか・・・

     この場合、民主党の新代表になった人物は、これはもう倒閣運動をするしかない。具体的には、自民党をはじめとした野党と共闘して、衆議院で内閣不信任決議をすることになる。憲政の常道という大義名分がある以上、野党は協力するだろう。

     というわけで、内閣不信任決議が可決されるのは明らか。

     そうなれば、内閣総辞職をするか、衆議院を解散するしかない。

     ここで前者を選ぶくらいなら、代表選で負けた時点でそうしているだろう。ということは、毒を食らわば皿までで、後者を選択するのではないか?

     そうなれば、民主党は分裂したままの総選挙となり、指揮は、またもや枝野幹事長になるのだろうか?各選挙区での候補者の統一すらもままならないだろう。

     前例がないので、総選挙の結果がどうなることかは誰にも予想がつかない。

     とにかく、民主党代表選は注目すべきイベントであり、反菅総理で対抗馬が一本化されてさえしまえば、代表と総理大臣のネジレ現象が高い確率で起こりうる。民主党空中分解の始まりになりそうである。

      

    2010年8月 4日 (水)

    参議院予算委員会は紛糾

    http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

     民主党閣僚たちは、まったくまともな答弁をしない。

     論点をずらして、関係ないことを冗長に話し続け、時間切れを待つ。

     経済、金融、農政、教育、国防、外交など、全ての点でド素人以下なのがよくわかる。

     なにかのギャグとしては、昨今のバラエティ番組よりも面白いが、これはほんとうに怖いことである。

     先月の参議院選挙で民主党に投票した人たちは、ぜひとも、このふざけた答弁の数々を聞いてほしい。

     反日極左とかいう以前に、民主党の閣僚たちの知能は村会議員以下のレベルなのは間違いない。

     どこへ出しても恥ずかしいとはこのことであろう。

     

    2010年8月 2日 (月)

    反日マスコミを潰すには、広告主を狙うのが効果的

    12 :7:2008/06/30(月) 23:21:51 ID:OdqxQpf60
    本当は板違いでしょうがここしかカキコできなかったので。よろしかったでしょうか?
    大塚製薬の利益率が高い製品は
    1、ミキシッド
    2、ネオパレン
    3、エビリファイ
    4、プレタール
    5、ラコール
    6、キドミン
    この6つ
    です。これを全部他社に切り替えれば相当ダメージです。
    更に臨床試験中の降圧剤を潰せばまず医薬部門は身売りです。
    底まで行く前に毎日とは手を切るでしょうが。
    やはり毎日に公告出している企業を1つ1つ潰していくのが先決でしょうね。売れない新聞本体の不買運動よりはるかに効果的です。
    我々医療従事者は大塚製薬を狙います。皆さんも頑張ってください

    いま日本の製薬会社は、再編の嵐に巻き込まれている。利益が出ない赤字部門に転落すれば、大塚の医薬部門は他社に売却されるだろう。
    もっとも、7先生が仰るとおり、大塚製薬がそこまで毎日新聞に付き合いきれるかどうかは謎だけれども。

     これをやられたら、どんな会社も震え上がります。

     実際、大塚製薬は毎日新聞に広告を出さなくなったそうですね・・・

     

    « 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

    最近のトラックバック

    ウェブページ

    2017年11月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30