無料ブログはココログ

« 保育園礼賛という共産革命 | トップページ | 金賢姫招聘は、菅談話のプレリュード »

2010年7月21日 (水)

菅直人の談話とは?

 韓国に土下座する売国談話であるのは、やる前からわかる。

 ほんとうは、国会で謝罪決議をしたいのだろうが、さすがに参議院で否決されるのが見えている。

 そんな談話を発表することは、マニフェストに書かれていない。

 内閣支持率がどれだけ下がろうが、もう知ったことではないという姿勢である。

 去年の衆議院選挙で民主党に投票した人たちは、ここまで民主党が極度の反日集団だとは想像していなかったのではないか?

 9月の代表選で総理大臣が誰になるのかわからないが、民主党という売国集団であることは何も変わらないのだ。選挙の直前で、総理大臣と幹事長の首を挿げ替える作戦は、もう通らないだろう。

 一日も早く、解散総選挙に追い込みましょう。

« 保育園礼賛という共産革命 | トップページ | 金賢姫招聘は、菅談話のプレリュード »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/48924241

この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人の談話とは?:

« 保育園礼賛という共産革命 | トップページ | 金賢姫招聘は、菅談話のプレリュード »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31