無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月29日 (木)

クズ本紹介 小林よしのり『修身論』

 著者は、妻もいて女もたくさんいたが、子供をわざとつくらなかったと、これまでにしつこく述べている。

 本書では、父の在り方について述べている。

 なにを語ってもよいが、通常の人間ならば、自分の子供を持ってみて、初めて親の気持ちがわかるものではないのだろうか?その苦労と楽しみのなかで、親としての経験を積み、親として成長してゆく。

 どうやら本書は、日本から一回も出たことのない人の、『世界漫遊記』のようなものだ。

 

 若い人たちは、時間を無駄にしてはいけない。

 生き方・心の在り方についての本を読みたいなら、まずは数々の超ロングセラーを迷わず選ぶべきだろう。

 新渡戸稲造『修養』『自警録』『武士道』

 サミュエル・スマイルズ『自助論(西国立志編)』

 福沢諭吉『学問のすすめ』

 洪自誠『菜根譚』

 などを、まずは読んでみよう。

 

2010年7月28日 (水)

クズ本紹介 『「民主党不況」を生き抜く経済学』 森永 卓郎

内容紹介

民主党内の「クーデター」によって、かつて小沢一郎氏の考えをもとにまとめられた政策マニフェストは、完全に破棄されつつある。
今の民主党は、もはや昔の民主党ではない。高速道路料金は無料化どころか実質的に値上げされる見込みで、
ついこの間まで政策の目玉として主張していた「子ども手当」も、満額支給を見送る発言が飛び出すなど、
国民が総選挙で選んだ党とは完全に変質してしまっている。
「われわれが望んでもいない政策に選挙後、勝手に方向転換するのは卑怯ではないか」と著者はいう。
では、民主党はどこへ向かおうとしているのか。
現在の民主党が目指しているのは、何と自民党の小泉政権時代の「構造改革」だという。
これでは元の木阿弥で、政権交代の意味は何だったのか。
構造改革のいちばんの特徴は「大企業と金持ちを優遇すること」で、そのしわ寄せは確実に庶民の生活へ向かう。
あなたの人生を守るために、いまこそ真実を知らなければならない。  

http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A%E4%B8%8D%E6%B3%81%E3%80%8D%E3%82%92%E7%94%9F%E3%81%8D%E6%8A%9C%E3%81%8F%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6-%E6%A3%AE%E6%B0%B8-%E5%8D%93%E9%83%8E/dp/4569777708/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1280103603&sr=1-1

 現在は不景気だから、個人ががんばったところであまり意味がない。テキトーに仕事をしましょう、という勧めである。

 なお、森永卓郎氏は、つい最近までは民主党を熱烈支持しており、マニフェストは実現可能だと、大宣伝していた。

http://www.nsjournal.jp/column/detail.php?id=111775&ct=1

 しかし、機を見るに敏。

 本年6月の時点で、民主党の天下も長くはないと察して、論調のスタンスを変えようとしているセコさがよくわかる。

 さすがは、学者の屑 当代一のタレント学者であると感嘆するほかない。

2010年7月27日 (火)

小沢革命政権で日本を救え 副島 隆彦.佐藤 優 (著)

http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E9%9D%A9%E5%91%BD%E6%94%BF%E6%A8%A9%E3%81%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%88-%E5%89%AF%E5%B3%B6-%E9%9A%86%E5%BD%A6/dp/4537257601/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1280102961&sr=8-1

内容(「BOOK」データベースより)

日本の政治を、官僚支配から国民の代表である政治家の手に―。民主党「小沢革命」は、今、官僚・アメリカ・メディアによる激しい謀略攻撃に晒されている。鳩山政権崩壊の裏側で、いったい何が起きていたのか?言論界の両雄が、混迷する日本の現状と行方を解き明かす。
  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 日本文芸社 (2010/6/17)
  • 言語 日本語
  • ISBN-10: 4537257601
  • ISBN-13: 978-4537257601
  • 発売日: 2010/6/17
  •  はいはい、わかりましたというほかない、教条的マルキストの対談、というより雑談集である。お二人とも、独裁者が好きなのはよくわかる。

     小沢一郎待望論はこれまでにたくさんあったが、いまだにそんなこと言ってんの?という意味で衝撃だった。

     定価1680円だが、168円だとしてもぜんぜん売れないだろう。

    2010年7月26日 (月)

    赤い国際組織から脱退せよ

    http://sankei.jp.msn.com/life/education/100725/edc1007250948000-n1.htm

    国際組織「日本は自国解釈のみ反映」 歴史教科書“一方的”勧告

    産経2010.7.25 09:47

    国際組織「児童の権利委員会」が、日本の歴史教科書について「日本の解釈のみを反映している」などと批判し、日本側に是正を勧告していたことが24日、分かった。具体的な問題点や教科書名には触れていないが、日韓が対立する歴史認識の問題をめぐって、一方的に日本に“譲歩”を求めているようにも受け取れる内容で、外務省などは勧告に困惑気味だ。

    以下略

     児童の権利委員会というネーミングだけでも、共産主義者ばかりで構成されているのはミエミエではないか。韓国が、委員に働きかけているのであろう。

     こんなものに、日本が加入していること自体がおかしい。

     これを機に、脱退するしかないだろう

    2010年7月25日 (日)

    金賢姫というアサシン

     平常心で民間航空機を墜落させて、大量殺人ができる一流のテロリストである。

     捕まった後は、改悛したフリができる一流の演技力も持っている。

     プロ中のプロの工作員である。

     こういう人物をVIP扱いする民主党が、狂気の集団であることだけが証明された。

     新左翼のオールスター政党であるから、実像がはっきりしてきただけのことである。

     そして、不条理に殺された韓国人の遺族たちからしたら、わけがわからない事態であろう。

     日本は、世界の笑い物になっている。

     民主党の支持率は、さらに下がるだけの自滅行為であろう。

     すでに民主党ごと、破滅のスパイラルに入っているのは明らかである。

     それだけに何をしでかすかわからない。一日も早く下野または解党させなくては、日本の沈没を早めてしまう。

     

    2010年7月24日 (土)

    山梨県教職員組合は腐りきっている。

    http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100723/crm1007230131001-n1.htm

    山教組教員、機関紙使い“選挙運動” 参院選「輿石氏必勝」数百人に配布 山梨(産経H22.7.23)

     民主党の輿石東参院議員(74)が3選した参院選山梨選挙区で、輿石氏の支持母体である山梨県教職員組合(山教組)が公示直前、教員に指示し、「輿石氏の必勝」と記載した機関紙を山教組OB数百人に配布していたことが22日、分かった。中には教員が学校の封筒と便箋(びんせん)を使って配布したケースもあった。専門家は「教員による違法な選挙運動にあたる」と指摘。6年前に教員からの違法な選挙資金集めが事件化した山教組の組織的選挙活動の一端が、また明らかになった。

    以下略

    これを制作・配布した教員たちには、全員懲戒処分が下されなくてはおかしいだろう。もう一度やったら、分限免職にするべし。

     そのために、教員不足で学級閉鎖が起きるかもしれないが、教員になりたい若者はいくらでもいるので、M教師を馘首しても誰も困らない。

     この機関紙は、山教組が発行する「山梨教育」。5月15日に開催された山教組の定期大会の内容をまとめたものだが、「組織運動の展開」という項目で、参院選で「輿石東議員の必勝に向けてとりくむことが確認されました」「参院選での勝利なくしては、安定した政権運営は困難になる」などと記載されていた。

    枝野幸男幹事長と革マル

    「枝野氏が革マル幹部と覚書」月刊誌報じる - MSN産経ニュース

    http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100717/plc1007171052008-n1.htm

     テレビが、全くと言っていいほど報道しないのは不審である。

     これは、リクルートから未公開株を貰っていたとかいうのと、次元が違う大スキャンダルであろう。

     幹事長辞任では済まない。衆議院議員辞職を迫るべきであろう。ご本人が辞職しないなら、民主党は除名処分にしなければならないのであるが、驚くべきことに、幹事長という枢要ポストに居座っている。

     良識派の論客といわれたが、その実態がほぼ明らかになってきた。

     国旗国歌法に反対もしており、反日左翼というよりも、筋金入りの売国奴である。

     次回の衆議院選挙小選挙区では、対立候補(自民党は、次回も牧原秀樹氏か?)は、この点を執拗についていけば、十分に勝機があるだろう。

     腐りきっている民主党の体質には、もうコメントしようもない。

     

    2010年7月23日 (金)

    「選択的」夫婦別姓 という詐欺

     わざわざ、「選択的」として、夫婦別姓の危険性を薄めた印象となっている。

     しかし、「選択的」夫婦別姓法案が成立してしまえば、極左フェミニストたちは、すぐさま次のステップに入る。

     つまり、夫婦別姓を「選択」しなければダサい、という大々的キャンペーンが繰り広げられる。

     そして、若いカップルの過半が夫婦別姓を選択するようになったころ、「強制的」夫婦別姓法案を提出してくるだろう。

     そこまでいけば、同棲という事実婚が急増するのは明らかである。

     婚姻制度そのものが数十年のうちに消滅してしまう。

     極左フェミニスト(1人の例外なくマルクス・レーニン主義者)たちは、あの手この手で日本の社会を崩そうとしている。

     「選択的」夫婦別姓法案は、断じて潰さなくてはならない。「選択制」という詐欺が持つ危険性を、一人でも多くの日本人に伝えましょう。

    2010年7月22日 (木)

    地域主権ー愚劣なデマゴーグ

    http://www.youtube.com/watch?v=pCNDGUW_dPg

    http://www.youtube.com/watch?v=pCNDGUW_dPg

    http://www.youtube.com/watch?v=ghjkpNifmeg 

    http://www.youtube.com/watch?v=BM8DCO96Cf8  「地域主権のような造語を法律に書くなんて聞いたことがない」.part1

     地域が国に代わって、外交や軍事を司るのか?

     拉致被害者を、県警レベルで取り返すのか?

     国際会議には、地域の代表が出席するのか?

     通貨危機などの経済問題を、県知事レベルで対応するのか?

     口蹄疫・鳥インフルエンザ、大震災などでは、県知事レベルのみで対応するのか?

     まったく意味不明なスローガンである。

     わかるのは、日本をバラバラにして、五胡十六国時代や三国志のような状況にしたいだけだということだ。

     民主党とみんなの党が、信用ならないアナーキズム政党であることだけがよくわかる。

    2010年7月21日 (水)

    ヤクザとどう違うのか 民主党の現職国会議員 横峰良郎

    http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100721/crm1007211350025-n1.htm

    横峯パパ「事件に深く関与」プロレスラー逮捕の恐喝事件めぐり、会社役員は「起訴相当」 検察審査会(平成22年7月21日 産経)

     飲食店経営会社の男性社長から現金約30万円を脅し取ったとしてプロレスラーら6人が逮捕された事件で、東京第4検査審査会は21日、東京地検が不起訴処分(起訴猶予)とした同社役員の男性(53)について、「起訴相当」と議決したと公表した。議決書では民主党の横峰良郎参院議員(50)について「参謀のような活動をしており、深く犯罪に関与している」と認定した。議決は7日付。

     事件は昨年6月に発生。東京都渋谷区の飲食店に押しかけ、社長から現金約30万円を脅し取ったとして、警視庁は男性とプロレスラーの計6人を恐喝容疑で逮捕。その後東京地検は同12月、脅し取られた現金が社長に返金されたことなどから、6人全員を不起訴としていた。被害者の社長が、不起訴処分を不服として審査を申し立てていた。

     議決書によると、横峯氏はプロレスラーを手配するなど恐喝事件を画策。1回目の恐喝行為が失敗に終わると「お前らやり方が生温い。もっとバンバンやれ」などと叱責したという。

     また、東京地検が横峯氏に対し事情聴取を行わなかったことについて「あまりにも不公平、適正を欠く捜査」と批判した。

     横峯氏の事務所は「本人が起訴されたわけではなく、本人が海外に行っておりコメントできない」としている。

     

     西田昌司議員の追及が、火を噴くでしょう。

    金賢姫招聘は、菅談話のプレリュード

     大韓航空機を爆破して、大量殺人をを行ったテロリスト。

     韓国人は可哀そう。でも、死刑囚を釈放した韓国の度量は広い。

     そもそも、北朝鮮と韓国が分断した悲劇は、すべて日本のせいである・・・

     という、プロパガンダのために、国費を使ってわざわざのの時期に来日させたのだろう。

     日本が悪うございました、韓国様ごめんなさい、という世論を醸成してから、菅直人総理大臣が国益を損なうこと甚だしい一方的な謝罪を発表しようとしている。

     こんな三文芝居に騙されてはいけない。

     どうやら、菅総理大臣は、国民の支持率などどうでもよいと考えているようだ。

     とにかく、一日でも総理大臣の座にしがみつき、その間に少しでも日本国に手傷を負わせようとしている。

    菅直人の談話とは?

     韓国に土下座する売国談話であるのは、やる前からわかる。

     ほんとうは、国会で謝罪決議をしたいのだろうが、さすがに参議院で否決されるのが見えている。

     そんな談話を発表することは、マニフェストに書かれていない。

     内閣支持率がどれだけ下がろうが、もう知ったことではないという姿勢である。

     去年の衆議院選挙で民主党に投票した人たちは、ここまで民主党が極度の反日集団だとは想像していなかったのではないか?

     9月の代表選で総理大臣が誰になるのかわからないが、民主党という売国集団であることは何も変わらないのだ。選挙の直前で、総理大臣と幹事長の首を挿げ替える作戦は、もう通らないだろう。

     一日も早く、解散総選挙に追い込みましょう。

    2010年7月20日 (火)

    保育園礼賛という共産革命

     保育園が全然足りないという報道が、ヒステリックに繰り返されている。

     やっとみつけた保育園が、遠いところにしかなくて不便であるとか、紋切り型のインタビューばかりである。

     現在では、生後6週間から預けられる保育所もある。薄気味悪い事態ではないか。

     保育園礼賛とは、親子の絆を切断する、マルクス・レーニン主義における一セクションである。

     左翼マスコミと赤いフェミニストたちが、煽動に努めている。

     たとえば、次のような意見がテレビや新聞で報道されたことが、一度でもあるか?

     「幼児を育てるのは、一義的に両親の役割である。」

     「病後児保育などというが、病気の時に親がいなければ、子供からすれば親という気がしないだろう。」

     「保育園をつくるカネがあるなら、小さい子供がいる家庭は、母親が働かなくてもよいように、大幅な減税をすればよい。そちらのほうが箱物を建てたり、保母さんを確保しなくてよいのだから、国庫の負担としては小さいのは明らかではないか。」

     「保育ママなどという制度もあるが、ちょっと育児の講習を受けただけのド素人ではないか。こんなバカな制度は即座に廃止せよ。」

     「乳児から保育園に預けられた子供が、将来的にグレたり、思春期に自殺したり、ニートや引きこもりになる確率が高いのは、学者に指摘されるまでもなく明らかではないか。」

     「子供の立場からみれば、子ども手当などという大借金バラマキよりも、専業主婦のお母さんが最高のプレゼントである。」

     「赤いフェミニストの大学教授や教師たちは、一人の例外もなくマルクス・レーニン主義であり、全員を学校から放逐することが、正しい教育再生の第一歩である。」

     「保育士というフェミニスト用語は、即座に廃止するべきである。我が国で長年使用されてきた、保母さん、保父さんという、通常の日本語に戻すべきである。フェミニストとは、なぜか男性名詞や女性名詞を嫌う、一種の狂人である。」

     いかに、左翼マスコミが偏った洗脳報道をしているか。

     1人でも多くの日本人に、フェミニズムの恐ろしさに気がついてほしいものである。

     

    2010年7月19日 (月)

    千葉景子法務大臣が罷免されない理由

     マスコミはいっさい指摘しないが、千葉景子が菅直人の弱みを握っているからに決まっているだろう。

     そうでなければ、内閣支持率の低下が止まらないのを知っていて、千葉景子を庇う理由がない。

     その真相を解明するのが、ジャーナリズムの本業ではないのか?

     大手マスコミは、まだまだ民主党を全面応援している。

    たちあがれ日本は何処へ向かう?

     参議院選挙では、たちあがれ日本に投票した。

     元プロ野球選手とタイゾー君の二人を除けば、大人の政治家が揃っているといえるからだ。総務省の知恵袋といわれた片山虎之助氏が当選したのは喜ばしい。できれば、中川義雄氏と中山成彬氏にも当選してもらいたかった。女柔道家、三流私立大卒の元キャンペンガール、労働組合のアンちゃんたちよりも、何百倍も日本国のために仕事をしてくれるだろう。

     しかし、たちあがれ日本は、新党改革と参議院で会派をつくるという。それに、鳩山邦夫も関わってきそうである。

     どうやら、平沼赳夫代表や同党に投票した有権者の思惑とは、違う方向に進んでしまうようだ。

     たちあがれ日本も、新党改革(枡添・荒井浩幸)も鳩山邦夫も、失敗を認めて古巣の自民党に戻るべきだろう。自民党内での、平沼派として生き残りを図らなければ、次の衆議院選挙で消滅するしかなくなる。

     日本創新党への得票は、すべて死票となった。不毛な保守分裂よりも、、民主党分裂に全知をそそぐ時であろう。

     

     

    2010年7月18日 (日)

    鳩山前首相、不出馬を翻意か

    http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010071701000473.html

    日本国のために、お願いだから引退してほしい。

     脱税疑惑なんて不問でよいから、頼むから政治家以外の職業に就いてもらいたい。

     小沢一郎にも、同じことをお願いしたい。

     参議院選挙で菅直人の足を引っ張りまくったことは、結果として日本国への貢献となった。

    2010年7月17日 (土)

    「理想は共通の歴史教科書」 岡田外相が韓国紙に

    14日付の韓国紙、東亜日報と中央日報は、岡田克也外相との書面インタビューの内容を掲載し、岡田外相が「将来のことだが、日韓共通の歴史教科書をつくることが理想的だ」とあらためて述べたと報じた。(産経H22/7/14)

    千葉景子や仙石由人のような旧社会党、菅直人や江田五月のような旧社民連は、誰でも極左だと認識できる。

      しかし、岡田克也外務大臣や鳩山由紀夫前首相のような旧自民党田中派までもが、スーパー極左であることが明らかになってきた。

     民主党そのものが、極度の反代々木系極左集団だということだ。

     中道左派くらいの議員もいちおういるのかもしれないが、悪に加担しているという意味では同罪といえる。

     国政と地方を問わず、民主党から立候補した連中も、この事実を知らないならば政治家として不適格な大バカ者であり、知っているなら確信的な売国奴である。

     解散総選挙に追い込み、また、来年の統一地方選で、日本国からこの売国奴たちを一掃しなければならないのは明らかであろう。

    2010年7月16日 (金)

    幹事長ポストは、総理大臣へのキャスティングボード

     選挙の最高責任者は、幹事長である。

     誰を公認するか、資金をどう配分するかなどを決定するのであり、それはそれは強大な権限を持っている。

     当選に届きそうもない候補者が、幹事長のテコ入れで逆転できれば、派閥を超えての大きな借りとなる。

     その時の人脈が、将来的に幹事長→総理大臣へ押し上げてくれる。

     逆に選挙で大幅に議席数を減らせば、責任をとって辞めるのが普通である。そして、出世の道は閉ざされてしまう。きわめてリスキーなポジションでもある。

     ところで、現在の与党幹事長は、ポストを手放すことすらしない。

     民主党は、なにがあっても誰も責任をとらなくてよいという規則でもあるのではないか。

     責任をとらなくてよいなら、じつに気楽である。誰も本職には頑張らないだろう。

     選挙に勝つことと、ポストを得ることだけに専念できる。

     少なくとも9月の代表選まで、政局だけは変転するが、政治が空白化するのは必至であろう。

     とにかく、一日でも早く衆議院を解散総選挙に持ち込み、民主党を解体的敗北に追い込まなくては、我が国に未来はない。

     民主党の正体を明らかにし、その議席ゼロを本気で決意するとき、民主党の支持母体との全面対決に立ち上がるとき、自民党ははじめて大多数の国民に支持されるであろう。

     

      

    2010年7月15日 (木)

    永住外国人への地方参政権付与 平成22年参議院議員立候補予定者へのアンケート

    http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/press_enquete2010.html

     素晴らしい一覧表である。

     共産党、社民党、公明党の議員たちは、いずれも賛成の意思表示を鮮明にしており、それなりの潔さがある。

     ところが民主党には、毎日新聞のアンケートでは賛成と回答し、読売新聞では「どちらともいえない」としている候補者が数名いる。

     購読者の標準的な思想的スタンスを考えて、新聞によって答えを変えたとしか考えられない。

     政治家を志す人間に、こんなセコいダブルスタンダードな姿勢が許されてよいのか?

     

     

     

     

    2010年7月14日 (水)

    事業仕分けというパフォーマンスに騙される有権者

    東京選挙区では、蓮舫の得票数は1,710,734。

    東京都の有権者数と投票率を考えれば、4人に1人くらいが蓮舫を選んだことになる。

    また、民主党の小川敏夫は連合東京などの組織票を確保したようであり、蓮舫には浮動票が流れたと考えられる。一票しかない権利を、かくも多くの人が蓮舫に投票したことで行使したことになる。

    ところで、事業仕分けとはわざわざテレビカメラが入って公開されていることが特徴であった。あんなに短時間で結論が出せるわけはなく、全てシナリオで決まっている。

     それならば、議員ならば誰でもよかったということだ。

     必殺仕分け人が、

    「エアダイブ」

    「元・風俗ライター」

    「ぶってぶって姫」

    「全ての武器を楽器に」

    「さくらパパ」

    などでも、問題なかったはずだ。

    なぜ、数多い民主党議員の中で、蓮舫が抜擢されたのか。

    それは、二流以下とはいえ、プロのタレントだからである。

    国政にパフォーマンスを導入すること自体が言語道断だが、その絵を画いて、この人選をした感覚には鋭いと言わざるをえない。

    その対策を保守サイドも真剣に考えて、この下らぬパフォーマンスの正体を大宣伝しなくてはならないだろう。

     

    2010年7月13日 (火)

    離婚煽動の過激フェミニスト 円より子も落選

     日本を代表するフェミニストの一人が国政から放逐されたことは、じつに喜ばしいことである。

     フェミニズムを撲滅しない限り、日本の出生率低下は止まらないし、結婚しない若者は増え続けるし、離婚も奨励されるし、幼児や乳児を保育園に預けっぱなしの親が増え続ける。

     シングルマザーの芸能人が、やたらともてはやされるのは、離婚を奨励する洗脳である。

     フェミニストは、ライフワークバランス、セクハラ、アファーマティブアクションなど、無教養を曝け出すカタカナ英語を頻用する。

     そして、フェミニズム=マルクス・レーニン主義の一分野であることが、案外と知られていない。

     千葉景子と円より子がいなくなったが、ほかにも要注意のフェミニスト国会議員には、福島みずほ、阿部知子、野田聖子、南野知恵子などがいる。

     なお、国会議員は、なんらかの得意分野を持っているのが普通である。通常なら、経済、農政、安全保障などである。

     野田聖子は、著書によれば、『女性のための政治』であるそうな。

     抱腹絶倒してしまった。

    裏切りの代償 田村耕太郎の落選

     ご本人のHPによれば、落選してほんとうに悔しいそうである。しかし、自民党を裏切ったことに、なんの心残りもないようで、記載がない。

     自民党を辞めて、議席を持ちながら小沢一郎の誘いにのって民主党に寝返ってみたら、民主党が惨敗して自分も落選という喜劇であった。

     誰が同情するのだろう。

     いったい、誰が助けの手を差し伸べるのだろう。

     憲法や法律に違反しているわけではないが、誰がこういう輩と一緒に仕事したいと思うのだろう。

     落選した原因は、「これは信用ならない男である」と有権者に思われたことであろう。そう思われている限り、復活は100%不可能である。

     

     

     

    2010年7月12日 (月)

    地方区では、自民党の勝利

    地方区

    全73議席

    民主 28

    自民 39

    公明 3

    みんなの党 3 

    共産 0

    社民 0

     山梨選挙区で、輿石東が当選したのは残念でした。

     しかし、もうひとつの注目選挙区の神奈川で、千葉景子法務大臣が落選したのは慶賀の至りであった。

     人権救済法案・夫婦別姓を強引に推進していた赤軍派・共産主義者同盟出身の千葉景子とは、輿石東よりも何十倍も危険な政治家である。

    2010年7月11日 (日)

    NTT労組の組織的違反

    http://mikosuma.com/movie/100/nttrouso.html

    ミコスマさんより。

    闘争連絡って、なんですかそれは?

     参議院選挙が終わってからでも、このような違法により、逮捕者を出して、議員辞職に追い込むことは十分に可能です。

     閣僚でなければ、総理大臣が庇うこともできません。

     他の議員たちの事務所経費問題も、選挙後に追及しよう。

     小沢・鳩山の政治献金の問題も、まったく決着がついていない。

     粘り強く、頑張りましょう。

     後のことはまた考えるとして、

    事業仕分けによって、投票所の数を減らして、投票率を下げようとするセコイ戦術を使っている。

    つまらぬいやがらせに負けないで、とにかく、今日はなにがあっても投票所に行きましょう!

      

    中川八洋『民主党大不況(カタストロフィ)―ハイパー・インフレと大増税の到来』

    http://www.amazon.co.jp/%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A%E5%A4%A7%E4%B8%8D%E6%B3%81-%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3-%E2%80%95%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%81%A8%E5%A4%A7%E5%A2%97%E7%A8%8E%E3%81%AE%E5%88%B0%E6%9D%A5-%E4%B8%AD%E5%B7%9D-%E5%85%AB%E6%B4%8B/dp/4860293290/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1278740683&sr=1-1

     これは必読でしょう。

     アジテーションではなく、まともな学者(政治哲学、政治思想ジャンル)によって書かれた、唯一の本です。

     ところで、日本の文系大学教授のほぼ全員は、いつもどこでなにをやってるんだ???

     

    好著紹介 山際澄夫 『民主党政権で日本は滅びる』

    http://www.amazon.co.jp/gp/product/4898316190/ref=s9_simh_gw_p14_i1?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-2&pf_rd_r=1YP63F1YHQFDCR86J8A1&pf_rd_t=101&pf_rd_p=463376756&pf_rd_i=489986

    日米同盟は崩壊、国を売る「友愛外交」。日本を土台から蝕む反日色の強い政策が目白押し!鳩山首相や小沢幹事長が推進する外国人参政権に対する強い反対運動が全国で起きているが、このほか、靖国神社に代わる追悼施設の建立、人権侵害機関と言われる人権侵害救済機関の設置、夫婦別姓、「慰安婦」への再保障などが推し進められようとしている。

    2010年7月10日 (土)

    NHKの情報隠蔽  参院選特集「党首奮戦~密着 17日間の熱き戦い~」

    投票日前日で、各党の党首を追っていた。

     私見では、どこの党を応援しているわけでもないようであった。

     しかし、政策上の争点は消費税のみということになっていた。

     そして、自民党の目標は、ただ単に民主党の過半数を阻止することだけという、矮小な政党に視聴者に思わせる印象操作をしていた。

     

     それはともかく、なによりも大問題なのは、

    1.外国人地方参政権

    2.人権救済法案(人権擁護法案)

    3.選択制夫婦別姓

    について、一言も触れられないことである。

    最後の最後まで、NHKは参議院選挙の重要な争点隠しを貫いたことになる。

    日本の放送史に特筆されるべき、公営放送の情報隠蔽である。 

    NHKが『報道しない自由』を行使するというなら、視聴者にも『視聴料を払わない自由』がある。

     そして、社員の平均年収が約1600万円にもなるNHKが、なぜ事業仕分けの対象にならないのか?

     事業仕分けという愚劣きわまるパフォーマンスの欺瞞を、余すところなく証明している。

     

    銭金よりも、国家解体三法案で判断しましょう。

    「国家解体三法案」各党の対応(○は賛成、×は反対 -は記載なし)

              ①外国人参政権 ②夫婦別姓 ③人権救済法案

     

     民主党      ○       ○      ○

     公明党      ○       ○      ○

     共産党      ○       ○      ×

     社民党      ○       ○      ○

     みんなの党    ×       -      -

      新党改革         -       -      -

     幸福実現党    -       -      -

     国民新党     ×       ×      ×

       自民党            ×       ×      ×

     たちあがれ日本  ×       ×      ×

     

      

     

     

     日本創新党    ×       ×      ×

     

     日本解体三法案に、なにも言及していないということは、反対をしていないということだ。

     つまり、いつでも賛成にまわるということである。

    地道な努力が凄すぎる 民主党の内幕

    http://tokyo.cool.ne.jp/holyweb/minshuto.html#20

     集大成です。感動しました。

     このようなことを、テレビは全く報道しない。

     そういう偏向報道が、国民にバレてしまっている。

     いまや、欲しい情報はネットで探すのが当たり前である。

     テレビに出てくる三流タレント学者や御用評論家のコメントなど、バカバカしくて聞いていられない。

     事実関係だけわかれば、あとは一人ひとりが自分の価値観と経験に沿って判断するのである。

     あと二、三年もしてインターネット放送が本格化すれば、いつでも好きな番組を好きな時間に見られるわけであるから、テレビなんて無用の長物になる。

     DVDを自宅で観るときのモニターくらいしか、役割がなくなるでしょうね。

    こういう無法な国会運営が許されてよいのか。

    http://mikosuma.com/movie/100/housouhou.html

    ミコスマ様の力作。

     レーニンの定義では、国会は煽動と布教の場である。

     つまり、反代々木系マルクス・レーニン主義者内閣の連中は、まともにディベートをするつもりがはじめからないのだ。

     衆参両議会がこうなれば、ジャコバン派・ナチス・ボルシェビキと同じことになる。

     どんな法案も、議論なしで素通りしてしまうのですよ!

    大傑作!拡散しましょう  民主党 歴史に残る政権交代

    http://www.youtube.com/watch?v=o9FdkddehZY&feature=player_embedded

    注目の山梨県も神奈川県も、ほんとうに一票差を争う大接戦のようです。

    みなさまの活動が、次第に効果をあらわしてきたのでしょう。

    みなさま、明日の午後8時まで、手を緩めてはいけません。もう一息です。最後の粘りが勝敗を決します。

    拉致実行犯釈放嘆願書署名問題

    http://www.youtube.com/watch?v=FxDyWyzHlZk&feature=related

     横田めぐみさんらを組織的に拉致した一流のテロリスト。

     そうと知りながら釈放嘆願署名をするとは、右とか左とかいう以前に、人間の皮を被った鬼か悪魔か。

     人間として、決して許してはいけませんね。

    2010年7月 9日 (金)

    元民主党運動員 衝撃の告白!!!

    http://www.youtube.com/watch?v=zd8w7PERpPM&feature=related

    続編もアップされています。

    必見! 日本人を無視して韓国に約束済み。民主党の「外国人参政権」

    http://www.youtube.com/watch?v=AuQl8boQzvM&feature=related

     45秒~外国人参政権法案をマニフェストに載せなかったことについて、卑劣な言い訳をしています。

     

    傑作 参議院選挙 投票に行く前に・・・。

    http://www.youtube.com/watch?v=xGew-AUGVDU&feature=related

     これは渾身の力作だと思います。

    このような売国奴が総理大臣でよいのか?

     菅首相が小泉元首相の靖国参拝を批判

    菅直人首相は8日、熊本市内で演説し、小泉純一郎元首相が在任中に毎年、靖国神社を参拝したことについて「小泉さんは『俺は言ったことは絶対やる』と言って、靖国に毎年参った。そのことによって、アジアの国々との政治レベルの交流が非常に滞っている」と批判した。さらに首相は「アジアとの連携がこの10年間必ずしもできなかった。気が付いたら中国に欧州の企業が物凄い勢いで出てきた」と述べた。(産経新聞 H22/7/8)

    http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100708/plc1007081912009-n1.htm

     総理大臣が靖国神社に参拝しないことは、国益を損なうと思う。

     むしろ、皇族の方々が靖国神社に頻繁に参拝されるような健全な国になってほしいと、私はいつも願っている。

     それはさておき、自分が参拝しないだけならまだしも、元総理大臣が靖国神社に毎年参拝したことをわざわざ批判するとは、いったい自分を何様だと思っているのだろう。

     しかも、その理由が、中国共産党の機嫌を損ねてしまうからだという。

     

     一国の総理大臣それに準ずる政府高官が公の場で発する言葉は、すべてその国の意思であるとみなされてしまう。

     このような発言は、すでに一般通念上の外交とは言わない。単なる屈従であり、国益を損なうこと多大である。逆に言えば、総理大臣が無能であるほど、周辺国にとっては大きな国益となるわけであり、中国、ロシア、南北朝鮮は、菅直人が永遠に総理大臣でいてもらいたいと考えるだろう。 

     また、政治的な理由によって宗教行事の在り方を決めてしまうこと自体が、政教分離の原則に反している。

     右とか左とかいう以前に、菅直人は政治家としては、総理大臣などという力量では全くなく、市議会の野党議員くらいのポジションで活躍されるのがベストであろう。

     外国でルーピーとまで呼ばれてしまう総理大臣も酷かったが、それよりもデタラメである。

     このような総理大臣の存在自体が、日本国の恥辱と言える。一日も早く、解散総選挙に追い込み、このマルクス・レーニン主義内閣を退陣させなくてはならない。

     

    本業はやる気ゼロ。組合活動は全開モードです。

    【断面 2010参院選】

    「JP労組、遅配気にせず選挙運動を続行」:イザ!

     郵便事業会社(日本郵便)の宅配便「ゆうパック」に30万個超の遅配が発生したことが問題となったが、参院選で民主党比例代表候補を擁立している日本郵政グループ労組(JP労組、約23万人)は、あまり気にせず選挙活動を続けている。労組側は今後の遅配対応について「組合として現状を把握していないので、コメントできない」としている。(産経 2010/7/8)

    http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/412997/

    大相撲に倫理を求める文部科学省。

     川端達夫 文部科学大臣 は、その職位に相応しい崇高な人格をお持ちです。

    政治資金でキャバクラ

    2009年9月30日「ニューハーフショーパブ」「キャバクラ」などの店への支払いに数年間にわたり政治資金から114万円を支出していたことが発覚した。川端達夫の事務所は「法に基づいて正確、適切に記載している」「それ以上は答えられない」と釈明。

    事務所経費問題

    2010年1月、自身の政治団体が22年間にわたり東レ組合の幹部や秘書の自宅を「主たる事務所の所在地」として届け、約6600万円の事務所費を支出し、多い年では2001年に計約467万円の事務所費を支出していたことが発覚した。政治資金収支報告書に計約6672万円を事務所経費として計上していた問題について、秘書らの自宅は事務所としての機能は殆どなく、家賃や水道代、光熱費等は一切かかっていなかったことを認めた。

    なお、パチンコチェーンストア政治分野アドバイザー でもある。

     もしも貴乃花親方が、

    「パチンコ業界の支援を受けている労働組合丸抱えのキャバクラ大臣ごときから、賭博がイカンなどとエラソーに指導される筋合いはない!」

     と、テレビの生中継で啖呵をきれば、大相撲の賭博問題は即座に終結すると思う。

    投票前に必読! 週刊新潮 7月15日号(7月8日発売)

    http://blog-imgs-38-origin.fc2.com/s/p/e/specialnotes/shincho20100708p24p25_20100708084103.jpg

    「民主」過半数なら覚悟せよ「3杯の毒」
     「人権侵害救済法」「夫婦別姓法」「外国人参政権」

     天下の悪法が国会通過を待っている。

    →「天下の悪法」という表現では手緩いと思う。

     「亡国の三悪法」「日本解体を直接狙うトリプル法案」くらいが適当であろう。

    2010年7月 8日 (木)

    YouTube - 参議院選挙 失われた20年の本当の原因 1.1

    http://www.youtube.com/watch?v=vjgywxpAacY&feature=player_embedded

    umayado1999 さんの渾身の力作です。感動しました。

    国の根幹に関わることは、安易に変更すべからず。

    男系男子天皇→2000年続いたことは、現世代で勝手に変更してはいけない。

    外国人参政権→日本国民固有の権利を外国人に付与すれば、日本国民という存在そのものが根底から融解してしまう。法学者の多くが、憲法違反であるとしており、拙速な決定など論外である。どうしても導入したいなら、憲法改正の議論からはじめなくてはならない。

    選択制夫婦別姓→夫婦が別姓になれば、婚姻が減り、離婚が増え、子供の養育に対する義務感が希薄になることくらい、わざわざ学者にいわれなくても既婚者なら誰でもわかる。選択制として甘い罠を仕掛けているのも、本心は強制的夫婦別姓にしたいのがバレバレである。

     

     そもそも、すぐに決める必然性がまったくない法案を無理矢理通そうとする政党に、はたして政権を担当させてよいのでしょうか??

     さらに、選挙には都合が悪そうな法案を隠しておきながら、選挙後にはロクに審議をしないで優先的に通過させてしまうという詐欺が、憲政において許されてよいのでしょうか??

     よくよく考えて、貴重な一票を投じましょう。 

     

    必見  選挙へ行く前に知りたい、放送されない政治家の思想と実績

     http://senkyomae.com/

    公約という、その場凌ぎのコトバに騙されてはいけません。

     

    候補者がこれまでにどのような活動をしていたか。

    どういう法案を推進していたのか。

    政治献金を含めて、どのような人脈に位置しているのか。

     などの実態を吟味してから、投票先を判断しなくてはなりませんね。

    野球賭博はダメで、パチンコならよいのか?

     テレビに出てくる偽善コメンテーターたちは、パチンコの換金制度を廃止せよとは絶対に言わない。

     テレビのコマーシャルに、パチンコ関連のものが増えている。スポンサー様を怒らせるようなコメントが出来るわけがない。お座敷から声がかからなくなるからだろう。

     これでは、視ているだけ時間の無駄である。

     こうして、視聴者が離れてゆき、広告収入が落ちて、塗炭の苦しみを味わっているテレビ業界であった。

     さらに、動画配信が数年以内に長足の進化をするのが確実であり、大手キー局のどれかが、まずはじめに息の根を止められるであろう。

    消費税を10%+所得税率も上げる=大増税!

    所得税、最高税率上げ検討=「再配分機能が低下」-菅首相

     菅直人首相は6日、日本テレビなどの番組で、現行40%となっている所得税の最高税率引き上げや、法人税の課税対象拡大を検討する考えを明らかにした。所得税については「所得再配分機能が低下している」と指摘。同時に「(消費税と)連動する議論が必要ではないか」として、消費税率を引き上げた場合の低所得者対策との一体的論議が必要と指摘した。
     所得税の最高税率に関しては、民主党の枝野幸男幹事長も引き上げるべきだとの見解を示している。参院選後に税制改革論議が本格化すれば、消費税増税とともに焦点となりそうだ。 
     民主党が参院選公約に掲げた法人税率引き下げについて、首相は「雇用を守っていくためには、外国に比べてあまり高い水準ではまずい」と語った。さらに「課税ベースがかなり狭くなっているので、ちゃんと広げた上でやる」と述べ、特定業界を対象とした政策減税などの租税特別措置の抜本見直しに取り組む考えを示した。
     首相はまた、消費税率を10%とした場合の税収増分の使途に関し、「基本的には社会保障だと思っているが、今の税金の使い方の根本を変えたい。成長に資するものには優先的に使っていく」と強調。「介護とか保育の場合には、そこから雇用が生まれ、さらに税金を払う人も出るから、次の段階では財政にもプラスになる」とも語り、こうした分野への優先的な充当を検討する考えを示した。(2010/07/07-00:01 時事通信)

     つまりは、大増税をして、子ども手当や生活保護や高校無償化の財源にするわけですね。

     菅直人も枝野幸男も、ゴチャゴチャと遠まわしに表現しないで、自分たちが確信的社会主義者(実は共産主義者かもしれない)であると、そろそろ国民の前で宣言するべきだろう。

     

    紛うことなき売国奴が官房長官をしている。

    http://megalodon.jp/2010-0707-2225-01/sankei.jp.msn.com/politics/policy/100707/plc1007072049009-n1.htm

    官房長官、戦後補償に前向き 日韓基本条約は無視

    仙谷由人官房長官は7日の記者会見で、1965(昭和40)年締結の日韓基本条約で韓国政府が日本の植民地をめぐる個人補償の請求権を放棄したことについて「法律的に正当性があると言って、それだけで物事は済むのか。(日韓関係の)改善方向に向けて政治的な方針を作り、判断をしなければいけないという案件もあるのではないかという話もある」と述べ、政府として新たに個人補償を検討していく考えを示した。

     仙谷氏はまた、日韓基本条約を締結した当時の韓国が朴正煕大統領の軍政下にあったことを指摘し、「韓国国内の事柄としてわれわれは一切知らんということが言えるのかどうなのか」と強調。具体的に取り組む課題に関しては「メニューは相当数ある」として、在韓被爆者問題や、戦時中に旧日本軍人・軍属だった韓国出身者らの遺骨返還問題などを挙げた。

     これに先立ち、仙谷氏は東京・有楽町の日本外国特派員協会で講演し、日韓、日中間の戦後処理問題について問われた際に「1つずつ、あるいは全体的にも、改めてどこかで決着というか日本のポジションを明らかにすべきと思う」と発言した。ただ、「この問題は原理的に正しすぎれば、かえって逆の政治バネが働く。もう少し成熟しなければいけない。大胆な提起ができる状況にはないと私は判断している」とも述べ、幅広い国民的合意が必要だとの認識も示した。

     日韓間の補償問題をめぐっては、日韓基本条約で決着済み。韓国は対日請求権放棄と引き換えに得た資金で経済建設を推進、個人補償は徴用死亡者のみに限定した。条約締結の際に日韓両国が結んだ「請求権・経済協力に関する協定」でも、両国政府と両国民間の請求権は「完全かつ最終的に解決された」ことを正式に確認している。

    (産経新聞 平成22年7月7日)

     この男は、いちおう東大法学部卒の弁護士だ。

    一事不再理の原則というものを知らないはずがない。

    よって、正真正銘の超弩級売国奴と認定せざるをえない。

     放っておけばわけのわからない立法をして、国庫から巨額なカネが韓国民に支払われることになってしまう。

     参議院選挙が終わった後は、すぐさま倒閣運動をしなくてはなりませんね。

    2010年7月 7日 (水)

    もう二度と騙されてはいけません。

    にちゃんねるからの拾いですが、転載用にGJです。

    選挙前                      選挙後

    ・子供手当てを2万6千円出します  →  地方負担(国籍不問=外人の母国の子、

                              養子可) 半額になり実質全員増税 New!
    ・埋蔵金を最低でも20兆発掘します →  埋蔵金? 調べていませんので有るか無いか知りません(笑)
    ・公共事業9.1兆円無駄削減します →  削減は0.6兆円だけ 小沢賄賂ダムだけ認可
    ・天下りは絶対に許しません    →   郵政三役を天下りさせた
    ・公務員の人件費2割削減 します →  新卒を半分に大幅削減(キリ! 現職員給料は一切下げません 
    ・4年間は増税の議論すらしません →  タバコ税と酒税を増税、相続税と内部留保課税(笑)消費税・所得税の増税も検討
    ・ガソリン暫定税率を廃止します  →  そうでしたっけ?フフフ♪
    ・赤字国債を極力抑制します    →  過去最大の赤字国債を発行(総額44兆円)
    ・透明でクリーンな政治をします  →  鳩山、小沢、北教組の違法献金と脱税 現職議員逮捕 赤松職務放棄
    ・内需拡大して景気回復をします →  デフレ進行、CO225%削減表明、鳩山不況に突入
    ・沖縄米軍基地を移転させます  →  国内で移転させます、それとも現状恒久化
    ・コンクリートから人へ        →  道路整備事業費が608億円増(民主の弱い選挙区へ)
    ・高速道路を無料化します     →  土日1000円やめて値上げします→小沢に言われたのでやっぱり白紙(笑)
    ・農家の戸別保障します       →  農協は締め上げてやる!@長崎
    ・最低時給1000円にします     →  何それ?まあ10年後にやるかもな(笑)

    ・マニフェスト記載なし        →  朝鮮人学校無償化 人権侵害救済法案

                            外国人住民基本法 夫婦別姓 

                            外国人地方参政権  政治生命懸けてやります♪

    参議院では、一議席の価値がべらぼうに大きい

    http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV?gl=JP&hl=ja#p/u/2/28qmEIOkNWs

     議席数が参議院は少ないから、ほんの1-2議席の違いが政局を左右してしまうことが多々ある。

      民主党は、衆議院では単独過半数を占めている。これで参議院で単独過半数ならば、一党支配になり、三年間は国政選挙がなくなる。その他の党は、束になってもなんの力もない野党集団に転落する。それでよいのか??

     つまり、今回の参議院選挙の結果が持つ意味は空前絶後と言ってよいほどに大きい。それなのに、テレビは選挙を盛り上げないように情報操作をしている。

     投票に行かないのは論外の選択といえる。

     最後の最後まで、がんばりましょう。

    2010年7月 6日 (火)

    マスコミの自民党隠し

     テレビでは、選挙の話題そのものが少ない。なるべく盛り上げないようにして、投票率を下げたいのであろう。

     その上、自民党の議員たちが、あまりテレビにでてこない。

     また、今回改選でなくても、攻撃力の高い論客タイプの議員たちもテレビ出演がほとんどない。

     たとえば、稲田朋美 衆議院議員、西田昌司・義家弘介 参議院議員などを、この二週間以内にテレビでご覧になった方はどれだけいるだろうか。

    あと5日ある。諦めるにはまだ早い。

     ネットで、口コミで、三大闇法案や事務所経費問題などについて拡散しましょう。

     宇田川敬介「民主党の闇」、中川八洋「民主党大不況(カタストロフィー)、阿比留瑠比「民主党と日教組」などの良書も、ブログで紹介しましょう。

    博士の独り言 http://specialnotes.blog77.fc2.com/

    国民が知らない反日の実態 http://www35.atwiki.jp/kolia/

    パチンコ屋の倒産を応援するブログ http://ttensan.exblog.jp/

    依存症の独り言http://banmakoto.air-nifty.com/blues/

    犬小屋のメモ http://blogs.yahoo.co.jp/marukomu234

    などの秀逸なサイトも、一人でも多くの方に読んでいただきましょう。

    粘りが大事です。7月11日までは人事を尽くし、そして天命を待ちましょう。

    2010年7月 3日 (土)

    日本共産党は与党批判の専門家

    簡潔にして要点を押さえており、じつに平易な文章で、あまりにも分かりやすい批判記事なのであった・・・拍手!

    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-07-02/2010070201_04_1.html

    しんぶん赤旗(平成22年7月2日)

    消費税「還付」発言  首相の 迷走 止まらない

    菅直人首相は、“消費税10%”への批判を意識して、6月30日の遊説で突然、低所得者への「全額還付」を言い出すなど迷走を深めています。民主党内からも「言い訳、思いつきと受け止められても仕方ない」(同党関係者)との声も出ています。

     菅首相は、「カルロス・ゴーン(日産社長)さんのようにたくさん給料をもらっている人からは、ガバっととっていいけれども、普通に生活している人には過大にかからないようにする」(山形市内)などと、低所得者には「全額還付」をおこない、増税の影響が及ばないようにするとの言い訳を始めました。

     ところが、「全額還付」の対象となる1家族あたりの年収については、「200万(円)から300万とか少ない人」(青森市内)、「300万、350万以下」(秋田市内)、「300万、400万以下」と、場所ごとに順を追って条件を緩和。まるで「バナナのたたき売り」のような迷走ぶりでした。

     これまでも菅首相は、「10%」への増税についても、当初は「公約と受け止めていただいて結構だ」(6月21日)と表明したにもかかわらず、消費税増税路線に対する世論の批判や内閣支持率の急落を受け、「(各党に)議論を呼びかけるところまでが私の提案だ」(同26日)などと見解を一変させています。

    年収に応じた「還付」を菅首相がいいだしたこと自体、消費税が低所得者ほど重くのしかかり、生活を破壊するものであることを自ら認めたことにほかなりません。

     しかも、菅首相の発言は、政府や党内でまともに議論された形跡すらありません。「もともと参院選で消費税増税を打ち出すこと自体、寝耳に水」(衆院議員)、「低額所得者への還付みたいな話が出てきても、きちんと議論された話ではなく、言い訳、思いつきと受け止められても仕方ない」(同党関係者)との声が聞かれます。

    菅首相が示した年収「400万円以下」の家庭は、全世帯の46・5%を占めます(2009年国民生活基礎調査)。

     日本中の半分を占める世帯に「還付」しなければならないような増税なら、最初から増税しないに越したことはありません。

     

    「マニフェストは生き物」を、流行語大賞にノミネートさせよう

    高速道路無料化→無理。

    子ども手当の財源は、無駄を省けば出てくる→全く無理。

    公務員の削減→官公労が支持母体なのにできるわけがありません。

    消費税を上げる必要はない→10%にする。公約と考えてもらっていよい→公約ではない。→低所得者には還付しようかな。→党内で確定した意見ではない。

    2010年7月 2日 (金)

    テレビは、参議院選挙の話題を避け続けている。

     与党党首である菅直人総理大臣は、野党党首たちとの討論番組から逃げまくっているようである。

     全ての党が揃った場合、1対8で攻撃されるのが嫌という。

     嫌なら総理大臣にも政党の党首(代表)になんかなるなと言いたくなる。日本の政治は、誰がどう見ても末期的状況である。

     とはいえ、政治に無関心となり投票に行かないのは、有権者として最悪の選択である。

     このような党首が率いる政党にこのまま政権を任せてよいのかどうかを、有権者に判断する材料を提供するのがマスコミの役割であるのだが・・・。

     

     昨日は、朝鮮の俳優が自殺した事件ばかり報道していた。今日は、岡田ジャパン帰国でお茶を濁していた。

     普天間も宮崎の実情も、なにもリポートしない。

     夫婦別姓法案、外国人参政権法案なども、まったく話題にしていない。

     徹底した情報統制がなされているのだろう。

     このまま、ワールドカップの決勝、大相撲名古屋場所などで、7月11日までメディアの義務を放棄し続けるのは明らかである。

     そして、開票日になれば、吉本芸人などを司会にした速報番組でお祭り騒ぎをする。

     三年前の参議院選挙では、片山虎之助が、「姫の虎退治」という愚劣なキャンペーンによって落選させられた。落選直後の本人に、速報番組司会者の島田紳助が「いまのお気持ちは?」などど聞いていた。しつに残酷で醜悪な場面を見せつけられた。

     今回は、テレビは観ないで、ネットの速報で結果をみることにしよう。

     

     

     

    日刊ゲンダイが1面トップで民主党へ投票誘導 やまと新聞

    http://www.yamatopress.com/c/1/1/2741/

    日刊ゲンダイが1面トップで民主党へ投票誘導

    前代未聞の重大な選挙違反

    日刊ゲンダイ7月1日号は一面トップの見出しで
    もう一度民主党へ投票を
    争点は消費税ではない民主党の議席数だ
    民主党過半数実現で政権交代完成
    国民生活第一の政治が本当に始まる
    との見出しを掲載。

    前代未聞のマスコミによる投票依頼だ

    日本の政治を安定させ元の自公連立のデタラメ政治でドン底まで衰退した国と国民生活を再生させるために、選挙民は民主党一本に投票する必要があると報じた。
    こんなことが許されていいのか、日本の将来を決める国政選挙の結果を誘導しようとする日刊ゲンダイを厳しく処分すべきだ。民主党がこのことにどのような対応をするのか、日刊ゲンダイは即時全ての新聞を回収すべきであり、国民は断固抗議すべきだ。 これは許されるレベルではない、公正な選挙と言う選挙の根幹を揺るがし、国民の権利である投票権を侵害する重大な問題だ。 (やまと新聞 平成22年6月30日)

     NHKもTBSも朝日新聞も、ここまで露骨な表現はしない。本心をオブラートに包みながら、読者や視聴者に対してプロパガンダをする。そのほうがはるかに悪質だ。

     思ったことをなんのヒネリもなくストレートに書いてしまう、中学生レベルの文章力しかない記者とデスクなのだろう。

     とはいえ、これだけ派手に民主党の選挙協力をした以上、厳重な法的制裁を受けてもらわなくてはならない。

    2010年7月 1日 (木)

    民主・長島衆院議員のセクハラ、地裁が一部認定

    http://megalodon.jp/2010-0701-2108-22/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100701-00000882-yom-soci

     毎日、なんらかのボロが出る政党ですね。

     この件についても、次の国会で証人喚問も含めて厳しく追及されるべきであろう。

     野党になった社民党の福島みずほ&辻本清美に、頑張ってもらいましょう!

    平成22年 月 日 推薦状 輿石東 殿 民団山梨

    http://www.youtube.com/watch?v=JmbncO30cmc

    この動画を投稿した方は、内部リークをされているのでしょうね。GJ!

    « 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

    最近のトラックバック

    ウェブページ

    2017年9月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30