無料ブログはココログ

« 平成の上杉慎吉ー小林よしのり | トップページ | 「菅さん、天皇陛下在位20周年記念の式典で居眠りしてたでしょ?」 »

2010年6月23日 (水)

憲政のターミネーター 江田五月 参議院議長

中立性は大丈夫?…江田議長、民主公認で出馬へ : ニュース : 参院選2010 : 参院選 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2010/news1/20100617-OYT1T00919.htm

民主党は17日、参院選の岡山選挙区から無所属で出馬予定だった江田五月・参院議長について、公認すると発表した。

 民主党は江田氏の推薦を発表していたが、党関係者によると、江田氏の陣営の希望で公認に切り替わったという。

 参院事務局によると、参院議長が政党公認で選挙区から出馬するのは初めて。中立性を求められる議長のあり方も問われそうだ。

→憲政では、慣習の積み重ねでルールが定まっていく。前例に従うことが繰り返され、年月とともに不文律が確固たるものとなる。法律に違反しなければ、何をしてもよいというものではない。この場合、守るべきは法律ではなく、「法」である。

 しかし、江田五月が悪しき前例を作ってしまったことで、参議院議長が政党公認で選挙区から立候補することが、踏襲されて問題ないものとなってしまった。

 日本の憲政史に、江田五月はまたしても泥を塗った。参議院議長になってはならない人物であったことは明白である。

 このような、「法」を破る人物が、東大法学部卒の元判事だったのだから、裁かれる側はたまったものではないだろう。

 このように、白昼堂々と憲政を蹂躙する人物を、参議院選挙で再び国会に送りこんでよいものかどうか。岡山県民の賢察を願う次第である。

« 平成の上杉慎吉ー小林よしのり | トップページ | 「菅さん、天皇陛下在位20周年記念の式典で居眠りしてたでしょ?」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/48697327

この記事へのトラックバック一覧です: 憲政のターミネーター 江田五月 参議院議長:

« 平成の上杉慎吉ー小林よしのり | トップページ | 「菅さん、天皇陛下在位20周年記念の式典で居眠りしてたでしょ?」 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31