無料ブログはココログ

« 民主党代表選という出来レース | トップページ | 菅直人総理大臣と仙石由人官房長官は、全共闘過激派のリーダーだった。 »

2010年6月 3日 (木)

小沢一郎は、矮小な道鏡

http://www.youtube.com/watch?v=f2JuNKTwHH8&feature=PlayList&p=FE172F896C32CB5D&playnext_from=PL

13分50秒~ 西村眞悟(前衆議院議員)
 臣をもって天皇と成す。

小沢一郎は、30日ルールを破り、習金平の天皇陛下拝謁を強引に実現させてしまった。

これは、心ある日本人全てに、小沢一郎が逆賊であることを確信させた。

小沢一郎が反日の巨魁であることが明白となってしまった。

小沢一郎にとって、生涯の政治的ミステイクであっただろう。

小沢一郎という国賊を、権力の座から放逐することが、由緒正しき日本人の使命となった。

小沢一郎とは、人物のスケールは数万分の一以下であるが、平成の蘇我蝦夷であり、道鏡であり、足利義満であり、織田信長であることが、完璧に証明された。

なお、上記の四人は、例外なく非業の最期を遂げている。小沢一郎の命運は如何に。

« 民主党代表選という出来レース | トップページ | 菅直人総理大臣と仙石由人官房長官は、全共闘過激派のリーダーだった。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/48535709

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎は、矮小な道鏡:

« 民主党代表選という出来レース | トップページ | 菅直人総理大臣と仙石由人官房長官は、全共闘過激派のリーダーだった。 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31