無料ブログはココログ

« 二重国籍を推進する極左議員たち(参議院のHPから) | トップページ | 小沢一郎は、矮小な道鏡 »

2010年6月 3日 (木)

民主党代表選という出来レース

 本命が菅直人大臣なのはわかった。

 それに、樽床伸二・衆院環境委員長が出馬するという。完全な当て馬であろう。

 民主党は、公平な投票で代表を選出しておりますと世間にアピールしたいだけだ。

 明日が投票日だというのだから、準備期間もない。

 鳩山総理大臣が急病に倒れたというわけではないのだ。

 本当に代表を公平に選ぶというなら、候補者同士で公開討論をしてよいであろう。

 民主党の地方議員やサポーターだちの意見を反映する仕組みにしても、なんら差し支えないはずだ。

 浅野史郎を東京都知事選に立候補させるまでにも、見え透いた演出で、みんなに推されて出馬しましたということをアピールしていた。

 ほんとうにセコい誤魔化しを得意とする政党である。策士は策に溺れる。

 

 国民は、そういうインチキを、とっくに見抜いている。

 菅直人とは、共産党崩れであり、社民連を皮切りに左翼政党を渡り歩いた筋金入りの極左である。

 鳩山由紀夫や小沢一郎や岡田克也のように、自民党に在籍したこともないのであるから、保守の偽イメージを醸し出すことも不可能だ。保守の立場からは、反日政治家として、極めて狙い撃ちにしやすい人物といえる。

 参議院選挙で民主党を歴史的大敗北させれば、さすがに、菅直人総理大臣は総選挙に打って出ざるをえなくなるのではないか。

 一人でも多くの民主党候補を落選させましょう。

« 二重国籍を推進する極左議員たち(参議院のHPから) | トップページ | 小沢一郎は、矮小な道鏡 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/48534771

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党代表選という出来レース:

« 二重国籍を推進する極左議員たち(参議院のHPから) | トップページ | 小沢一郎は、矮小な道鏡 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30