無料ブログはココログ

« 官房長官、夫婦別姓と外国人参政権に前向き | トップページ | 民主党のバカバカしいスローガン「強い経済、強い財政、強い社会保障。」 »

2010年6月22日 (火)

事務所経費問題でこのまま逃げきろうとする大臣たちー荒井聡、蓮舫、川端達夫

事業は仕分けても領収書は出さない蓮舫議員 事務所経費問題はこのままうやむやに!?

http://news.ameba.jp/cyzo/2010/06/70639.html

荒井聡国家戦略担当相、蓮舫行政刷新相、川端達夫文部科学相の現役3閣僚が、実態のない架空の事務所を「主たる事務所」として総務省に届け、使われたはずの事務所経費の使途がいまだ検証できていないという異常事態が続いているのだ。

日刊サイゾー 平成22年6月18日

――蓮舫議員は「領収書はすべて公開した」と言っています。

赤澤 非常に重要なので皆さんに勘違いしないでいただきたいのは、公開なんてしていないんです。彼らが公開したと言ってるのは、一部の報道陣に限定して、二時間という時間制限のもとに、疑惑があるとされている年数の一部の期間の領収書を、しかも3人分を同時に出してきて、なおかつコピーも禁止という、異常な条件下で「公開した」と言っているんです。一人分だけで数千から数万という領収書が糊で紙にぺたぺた貼られたものを、しかも3人分ドンと机に置かれて二時間で全部見ろという。コピーができないから記者が必死で写真を撮ったら、たまたまコミックだのキャミソールだのCDだの、妙なレシートが写っていた。よく見つけましたよ。

―それでは一般の国民が知ることがまったくできません。やましくないならPDFにしてウェブ上で公開してもいいはずです。むしろ積極的に公開することで疑惑が晴れると思うのですが。

赤澤 おっしゃるとおりで、公開というのは最初に申し上げたように、あくまで一般国民が見ようとしたときに見られるというのが大原則ですよ。それが政治でいう公開です。ましてやコピー禁止なんて論外だし、時間制限なんてまったく意味不明です。

――ということは、民主党3閣僚の事務所経費はいまだに使途が全然分かっていない?

赤澤 そういうことです。領収書を積み上げた金額が、届出と一致しているかどうか、実はいまだにまったく検証されていない。極端に言えば、荒井議員が一年間で700万円と言ってる事務所経費について、たとえば100万円単位で領収書が足りてないなんてことも、まったく否定できないという状態なんです。なにしろ、これほど言われても公開しないんですから。

――彼らは閣僚としての責任を果たすために何をすべきだとお考えですか?

赤澤 今回のような疑惑を指摘されている閣僚がすべきことは二つです。ひとつは領収書の公開。それと誠意ある本人による説明。ごくごく、あたりまえのことです。

――菅首相の任命責任もありますか?

赤澤 当然あります。さらに細野豪志幹事長代理の責任も大きい。自分に直接関係ない事務所経費問題でしゃしゃり出てきて、「調べた結果、問題はなかった」なんて言った。そもそも身内の調査なんて誰が信用するかというのが一点。さらに、キャミソールだCDだとおかしなレシートが混ざっていたにも関わらず、そんなイカサマ報告書を示して「適正だった」なんて断言してしまった。国民の目をあざむき、身内をかばう。辞任に相当する非常に重い責任がある問題だと思っていますよ。

« 官房長官、夫婦別姓と外国人参政権に前向き | トップページ | 民主党のバカバカしいスローガン「強い経済、強い財政、強い社会保障。」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/48675047

この記事へのトラックバック一覧です: 事務所経費問題でこのまま逃げきろうとする大臣たちー荒井聡、蓮舫、川端達夫:

« 官房長官、夫婦別姓と外国人参政権に前向き | トップページ | 民主党のバカバカしいスローガン「強い経済、強い財政、強い社会保障。」 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31