無料ブログはココログ

« もういちど読む山川政治経済 山川出版社 (2010/04) | トップページ | 永田町替え歌 民主党批判 »

2010年5月15日 (土)

SAPIO 2010/05/26日号 小林よしのり『天皇論』追撃篇 「男系継承はシナ宗族制の模倣」/「オカルト化した男系固執教団」

男系男子天皇とは、シナ文明の伝統だから止めろ!とのこと。

 

無茶苦茶である。

http://www.youtube.com/watch?v=

【皇統】小林よしのり(近代合理主義者)の語る伝統[桜H22/5/13]  は必見だと思う。

また女系容認の酒井信彦 東大教授が一コマだけ出てきた。シナ文明がどうのこうのは、酒井信彦論文から知恵をつけたのだろう。この論文のデタラメさは、拙ブログで平成22年1月14日に取り上げた。

« もういちど読む山川政治経済 山川出版社 (2010/04) | トップページ | 永田町替え歌 民主党批判 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「サブカル保守」が決して触れない手塚治虫の真実。手塚が日共のシンパどころか正式党員だった事は管理人様も御存知ですが、手塚の数々の作品群、何と言っても「アドルフに告ぐ」これ程トンデモな作品も無いでしょう。何せ「ヒトラーはユダヤ人だった!」そうです。其の「アドルフに告ぐ」のトンデモ振りが、何故か「保守」で指摘されない。度々紹介した「森羅万象の歴史家」も手塚を脳天気に絶賛してます。其れと藤子不二雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫も確か昭和45年頃でしたか日共の「安保反対!」の漫画小冊子に執筆してました。

鳳山の6時さま

>>藤子不二雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫も確か昭和45年頃でしたか日共の「安保反対!」の漫画小冊子に執筆してました。

 そうでしたか。超大物ですね。

手塚治虫は、かの日本赤軍・辻元清美の誘いでピースボートに乗船したことまである、生粋純粋なる「極左」です。

その他には、宮崎駿は「赤旗」に漫画を連載していたことがあり、共産党との密接な関係が疑われております。現役バリバリで、演出手腕にも非常に長けており、その強力な影響力を併せれば、相当な要注意人物でしょう。

宮崎駿は「赤旗」に漫画を連載していた→初耳です。
スタジオジブリの社長に、創価学会のエリートが就いたのは話題になりましたが・・・
 
直接影響を受けるのは子どもや学生ですから、サブカル系の思想本籍には要注意ですね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/48362006

この記事へのトラックバック一覧です: SAPIO 2010/05/26日号 小林よしのり『天皇論』追撃篇 「男系継承はシナ宗族制の模倣」/「オカルト化した男系固執教団」 :

« もういちど読む山川政治経済 山川出版社 (2010/04) | トップページ | 永田町替え歌 民主党批判 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30