無料ブログはココログ

« 事がここに至っても、口蹄疫問題をマスコミがロクに報道しない。 | トップページ | 中川八洋 筑波大学名誉教授の新刊『民主党大不況――ハイパー・インフレと大増税』(仮題) »

2010年5月17日 (月)

千葉展正『男と女の戦争―反フェミニズム入門』

 「BOOK」データベースより

 密かに進行するジェンダーフリー教育や過激な性教育、多発するドメスティック・バイオレンス告発にセクハラ訴訟。これらの現象に底流する思想こそフェミニズムであり、その目的とするところは「家族の解体」と「男女が敵対」する社会の実現に他ならない。本書はこの現代の“悪魔の思想”の正体を余すところなく明らかにした「フェミニズム解体新書」である。
 
 フェミニズムを撲滅するのには、理論武装が必要である。取材がしっかりしており、まずは読んでおきたい一冊といえる。
 
フェミニズムの撲滅とは、 
 
 1.男女共同参画社会基本法を廃止すること。
 2.全国にある女性会館とやらを閉鎖すること。
 3.フェミニストの教官たちを、学校から放逐すること。
 4.夫婦別姓などのフェミニズム法案を推進する政治家たちを、すべて落選させること。
 
 が必須だと思う。

« 事がここに至っても、口蹄疫問題をマスコミがロクに報道しない。 | トップページ | 中川八洋 筑波大学名誉教授の新刊『民主党大不況――ハイパー・インフレと大増税』(仮題) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/47563876

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉展正『男と女の戦争―反フェミニズム入門』:

« 事がここに至っても、口蹄疫問題をマスコミがロクに報道しない。 | トップページ | 中川八洋 筑波大学名誉教授の新刊『民主党大不況――ハイパー・インフレと大増税』(仮題) »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31