無料ブログはココログ

« カストロ議長と会談、関係強化で一致 キューバ訪問の赤松農水相 | トップページ | 続・国民を騙す民主党の裏マニフェスト「地域主権の秘密」 »

2010年5月 8日 (土)

国家への反逆  徳之島3町長「平行線だから、もう会わない」5月7日 読売新聞

 私は鳩山首相の政治家としての資質を、プラスに評価するところはほんとうに全くない。

 とはいえ、総理大臣が国政のことで面談を申し込んでいるのに、首長がそれを頭から拒否するのは大問題ではないか。鳩山氏は、首相という公人として、町長という公人に、さらなる会談をもちかけているのだ。プライベートで会いたいと、鳩山氏が言っているわけではないのである。

 3町長は、国→県→市町村という、国家における行政や政治の仕組みを全く知らないのか?日本が連邦制で、自分の町が一つの国だとでも考えているのだろうか?

 鳩山首相にリーダーシップがないとか、島民の意見がどうだとかいうのは、公職にあるものとして、面談を断る理由にはなりえない。「もう会わない」とは、子供の駄々である。

 マスコミによって報道され、3町長の所業が天下に周知となった。

 この3町長は、白昼堂々と国家体制に反逆をしている。それならば、町長を辞職してからにするべきであろう。

« カストロ議長と会談、関係強化で一致 キューバ訪問の赤松農水相 | トップページ | 続・国民を騙す民主党の裏マニフェスト「地域主権の秘密」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/48308366

この記事へのトラックバック一覧です: 国家への反逆  徳之島3町長「平行線だから、もう会わない」5月7日 読売新聞:

« カストロ議長と会談、関係強化で一致 キューバ訪問の赤松農水相 | トップページ | 続・国民を騙す民主党の裏マニフェスト「地域主権の秘密」 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30