無料ブログはココログ

« 子どもの人口、1694万人=29年連続で減少-総務省 | トップページ | 公立中高一貫校は、日教組の巣窟 »

2010年5月 5日 (水)

国民が知らない反日の実態 - 口蹄疫問題の正体

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1196.html

4月27日 宮崎県川南町にある宮崎県畜産試験場川南支場で飼育している 豚5頭 についても、 口蹄疫に感染している疑いが確認 された。

4月27日  東国原知事が赤松農林水産大臣を訪問、対応を要請

4月30日  赤松農林水産大臣、外遊へ。5/8帰国予定

5月 4日 宮崎県川南町の養豚農場2カ所で 豚計6頭 が口蹄疫に感染した疑いがあると確認。県は18カ所目の農場が飼育する豚約1万5750頭と、19カ所目の約3010頭の 計約1万8760頭を殺処分 する。既に処分されたものも含め、 これまでに処分対象となった牛や水牛、豚は計約2万7770頭

 

 こんなときに一週間以上も不急の外遊をしている厚生労働大臣 赤松広隆(旧社会党)とは、阪神淡路大震災で何もしなかった村山富市総理大臣(社会党)と同じ穴の狢である。

 無責任とかバカいうより、口蹄疫を全国に蔓延させ、日本の畜産業を積極的に壊滅させたいのであろう。

 そもそも、今回の口蹄疫について、テレビのニュースは申し訳程度にしか報道していない。また、政府の対応についても、まったくといってよいほど言及しない。これほどの事件で、厚生労働大臣の記者会見がないだけでも不自然であろう。

 民主党を徹底的に擁護する、偽善と欺瞞に満ちた大手左翼マスコミの報道姿勢というものが、これでまたバレてしまった。

 

« 子どもの人口、1694万人=29年連続で減少-総務省 | トップページ | 公立中高一貫校は、日教組の巣窟 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/48276402

この記事へのトラックバック一覧です: 国民が知らない反日の実態 - 口蹄疫問題の正体:

« 子どもの人口、1694万人=29年連続で減少-総務省 | トップページ | 公立中高一貫校は、日教組の巣窟 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30