無料ブログはココログ

« 小沢一郎民主党幹事長に「起訴相当」 | トップページ | 野田聖子 自民党衆議院議員 »

2010年4月29日 (木)

日本国憲法 第41条(国会の地位,立法権) が危険すぎる

国会は,国権の最高機関であって,国の唯一(ゆいいつ)の立法機関である。

 三権分立を建前にしておきながら、国会が最高機関というのは支離滅裂といえる。国会での多数決によって、なんでもかんでも法律を作ってよいということになりうる。国会の暴走を許しうる、きわめて危険な条文である。

 次回の参議院選挙で民主党が過半数を確保すれば、永遠に民主党が与党でいられるように、選挙制度そのものを変えてしまうだろう。ジャコバン派、ナチス、ソ連共産党など、類例は多数ある。デモクラシーが、ファシズムの母体であることは歴史が証明している。

 現在の日本は、いつの間にか亡国の淵に追い込まれているのである。

« 小沢一郎民主党幹事長に「起訴相当」 | トップページ | 野田聖子 自民党衆議院議員 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/48199112

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国憲法 第41条(国会の地位,立法権) が危険すぎる:

« 小沢一郎民主党幹事長に「起訴相当」 | トップページ | 野田聖子 自民党衆議院議員 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30