無料ブログはココログ

« 韓国の新聞記事が翻訳されたものかと思ったら、毎日新聞だった。 | トップページ | 平成22年の大学入試センター試験 外国語 »

2010年3月 6日 (土)

山口 二郎 福島 みずほ 倉田 真由美『本当に憲法改正まで行くつもりですか? 』実務教育出版 (2007/5/29)

 倉田真由美は、普通のギャグ漫画家として生きていくことを放棄したようである。SPA!に連載を始めたころは、こんなではなかったのだが・・・

 極左漫画家御三家として、

1.本宮ひろ志

2.雁屋 哲

3.青木雄二

 と認識していたが、青木氏亡き後は、倉田真由美を入れて、新御三家としよう。

« 韓国の新聞記事が翻訳されたものかと思ったら、毎日新聞だった。 | トップページ | 平成22年の大学入試センター試験 外国語 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

極左漫画家は他にも、三枝義浩(日共系)、西岡由香(同)、こうの史代(革マル系)など。極左の6大・女漫画家として
①倉田真由美 ②西原理恵子 ③辛酸なめ子
④石坂啓    ⑤こうの史代  ⑥西岡由香
コヤツらに御用心。特に、こう史は斉藤貴男との共著が有り、西岡は日共系の凱風社から本を出してます。漫画にアニメ、特撮など、サブカルに巣食う極左に御気を付け下さい。

鳳山の6時

 なるほどー。
 「反日マンガの世界」という本には、石坂啓が出ていました。
 西原理恵子は、土佐のヤンキー上がりというイメージですが、あまり思想信条を表に出さない気がします。もちろん、勝谷誠彦と昵懇ですから、極左なのはわかります・・・

>>漫画にアニメ、特撮など、サブカルに巣食う極左に御気を付け下さい。

 クレヨンしんちゃんなども、明らかに躾の破壊を目指していますね。
 ドラえもんは、のび太を通じて、駄目人間を礼賛していると思います。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/47603916

この記事へのトラックバック一覧です: 山口 二郎 福島 みずほ 倉田 真由美『本当に憲法改正まで行くつもりですか? 』実務教育出版 (2007/5/29) :

« 韓国の新聞記事が翻訳されたものかと思ったら、毎日新聞だった。 | トップページ | 平成22年の大学入試センター試験 外国語 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30