無料ブログはココログ

« TBS61.6%大幅減益、視聴率低迷で | トップページ | 高額日当がもらえる総務省顧問人事がひどい件 »

2010年2月16日 (火)

田村耕太郎 参議院議員

 自民党を離党して無所属になったのも束の間、民主党に入るそうな。

 はじめから、そういう筋書きだったのでしょうね。今夏の参議院選挙では、比例代表の上位に入れてもらえるようである。

  プロフィールをみる限り、たいへんな野心家ですな。欧米のブランド学校修了証マニアであるのみならず、地方新聞社のトップくらいではあきたらないようだ。もちろん、政治家などという割に合わない職業は、権力への執念がなくては務まらない。

 とはいえ、法律違反をしなければなんでもOKというわけではない。この行為は、憲政の常道に反する。どうしても、民主党にリクルートしたいならば、議員を辞職し、民主党推薦なり公認候補として、選挙の洗礼を受けなくてはならない。

 しかし、左翼マスコミは、民主党にようこそ!という論調であり、まったく非難をしない。

 おいしい餌には、毒針が隠されている。次の参議院選挙では高い確率で当選できるかもしれないが、2016年の選挙はどうかな?

 

« TBS61.6%大幅減益、視聴率低迷で | トップページ | 高額日当がもらえる総務省顧問人事がひどい件 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/47524595

この記事へのトラックバック一覧です: 田村耕太郎 参議院議員:

« TBS61.6%大幅減益、視聴率低迷で | トップページ | 高額日当がもらえる総務省顧問人事がひどい件 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30