無料ブログはココログ

« 三砂ちづる『オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す』 | トップページ | 渡邉 美樹『父と子の約束』 (日経ビジネス人文庫) »

2010年2月13日 (土)

和田秀樹『和田秀樹の憲法改正論』

 灘高校、東京大学医学部卒でそれなりに頭がいいのだろうが、精神科医が悪ノリのしすぎである。所得税100%が持論であるから、共産主義シンパなのであろう。ただ、受験勉強が日本を救うという説には、まったく賛成である。基本的に、反日思想の持ち主ではないと思う。

 憲法を語るなら、法哲学、政治哲学に精通しなくてはならない。

 バーク、コーク、トックビル、ミーゼス、ハイエク、ハミルトン、オルテガ、ホイジンガ、ポパー、アーレント・・・あたりは、原著で読みこなさなくてはお話にならないであろう。各国の憲法史もおさえましょう。もちろん、私にそんな学力はない。

 わけのわからない本を売り出す、奇特な出版社があるものですねえ。

 

« 三砂ちづる『オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す』 | トップページ | 渡邉 美樹『父と子の約束』 (日経ビジネス人文庫) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/47517835

この記事へのトラックバック一覧です: 和田秀樹『和田秀樹の憲法改正論』:

« 三砂ちづる『オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す』 | トップページ | 渡邉 美樹『父と子の約束』 (日経ビジネス人文庫) »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31