無料ブログはココログ

« NHK経営委員が提言「NHKテレビ番組の視聴を法律で義務付けよ」 | トップページ | 和田秀樹『和田秀樹の憲法改正論』 »

2010年2月12日 (金)

三砂ちづる『オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す』

 反フェミニズムの名著である。著者は、疫学でロンドン大学のPhDを取得した。

 若くてエネルギーがあるときに、出産・育児をする。

 職がある女性については、仕事を忘れない程度にやっておく。

 そして、子供に手がかからなくなったら、仕事に本格的に取り組む。早く子供をつくっているから、子育てが終わった時点でもまだ若いから、仕事に戻れるというわけである。

 まさに正論。

 こういう言い方をすると本当に失礼なんですけれども、大した才能もない娘に「仕事して自分の食い扶持さえ稼げればいいんだよ」とか、「いい人がいなければ結婚なんてしなくてもいいんだ」というようなメッセージを出してしまうことは、その子にとってものすごい悲劇の始まりではないかと思うのです。

 まさにその通り。日本人の平均寿命は伸びたものの、子供を産んで育てるには、やはり適齢期というものが厳然とある。生物なのだから当たり前だ。

 「いい人が出来た時が適齢期」は、慰め言葉である。

 芸能人の晩婚がこのところ目立つが、これは特殊な才能がある人たちである。凡人が真似できるはずもない。現実に、40歳の未婚女性が結婚する確率は、なんと1%程度しかないらしい。

 フェミニスト漫画家の倉田真由美が、「だめんずうぉーかー」で、女性は30歳までは結婚する必要全然なし・・・などと読者を洗脳している。

 不幸への誘いである。

悪書に引っかかると、人生を棒に振ります。

 

 

« NHK経営委員が提言「NHKテレビ番組の視聴を法律で義務付けよ」 | トップページ | 和田秀樹『和田秀樹の憲法改正論』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/47497849

この記事へのトラックバック一覧です: 三砂ちづる『オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す』:

« NHK経営委員が提言「NHKテレビ番組の視聴を法律で義務付けよ」 | トップページ | 和田秀樹『和田秀樹の憲法改正論』 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31