無料ブログはココログ

« 潮 匡人『長野県民は知らない田中知事の「真実」』 (小学館文庫) | トップページ | 武田 龍夫『福祉国家の闘い―スウェーデンからの教訓』 (中公新書) »

2010年1月26日 (火)

ジョージ・オーウェル『動物農場』

 ソ連の政治体制を風刺した作品として、あまりにも有名。この時代に出版するには、たいへんな勇気が要ったはず。

 マルクス・レーニン主義を知るには、入門編として最適だと思う。

 すべての中学生に配布したらいいと思う。ポスト・モダンとかフェミニズムとかの、マルクス・レーニン主義の亜流にも、免疫となるでしょう。

« 潮 匡人『長野県民は知らない田中知事の「真実」』 (小学館文庫) | トップページ | 武田 龍夫『福祉国家の闘い―スウェーデンからの教訓』 (中公新書) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/47393276

この記事へのトラックバック一覧です: ジョージ・オーウェル『動物農場』:

« 潮 匡人『長野県民は知らない田中知事の「真実」』 (小学館文庫) | トップページ | 武田 龍夫『福祉国家の闘い―スウェーデンからの教訓』 (中公新書) »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30