無料ブログはココログ

« ジョージ・オーウェル『動物農場』 | トップページ | クルトワ ステファヌ、マルゴラン ジャン=ルイ、パネ ジャン=ルイ、 リグロ ピエール『共産主義黒書 コミンテルン・アジア篇』 »

2010年1月27日 (水)

武田 龍夫『福祉国家の闘い―スウェーデンからの教訓』 (中公新書)

 著者は、北欧に精通した元外交官である。

 スウェーデンの現実は、家族の崩壊、治安の悪化、重税などの社会的問題を多数抱えるようになっている。本書が、その実情を我が国に知らしめた功績は極めて大きいと思う。

 左翼マスコミや御用評論家たちは、つい最近まで、そうと知りつつスウェーデンを理想の国家だと礼賛してきたのである。

 数年前から、売国奴教育者たちが、教育はフィンランドに学べとか言い出した。教育に学力競争を持ちこまないようにすれば、生徒の学力が上がるとか、わけのわからない論陣を張っている。 

 インテリっぽい人間が、遠い外国の話を持ち出してきたときは、これは怪しいぞと思わなきゃいけませんね。本書を読んでいると、その手の扇動に乗せらなくて済むようになる。ワクチン的な効果があります。

 

« ジョージ・オーウェル『動物農場』 | トップページ | クルトワ ステファヌ、マルゴラン ジャン=ルイ、パネ ジャン=ルイ、 リグロ ピエール『共産主義黒書 コミンテルン・アジア篇』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/47407397

この記事へのトラックバック一覧です: 武田 龍夫『福祉国家の闘い―スウェーデンからの教訓』 (中公新書) :

« ジョージ・オーウェル『動物農場』 | トップページ | クルトワ ステファヌ、マルゴラン ジャン=ルイ、パネ ジャン=ルイ、 リグロ ピエール『共産主義黒書 コミンテルン・アジア篇』 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30