無料ブログはココログ

« 山本肇「少子亡国論」かんき出版 | トップページ | 「石川知裕代議士の逮捕を考える会」 »

2010年1月18日 (月)

阪神・淡路大震災-あれから15年 貝原俊民 兵庫県知事

 痛ましい大災害であった。
 同日の、貝原俊民 兵庫県知事の所業は誠に許し難い。決して風化させてはならない。毎年1月17日は、以下の経過を思い出すことにしよう。wikipediaより転載ですみません。
 貝原知事が、自衛隊の災害派遣出動要請をさんざん遅らせ、最後には現場の判断を追認しただけであったことは事実である。これによって死者の数が増えたというわけではないなどと擁護する向きもあるが、災害派遣出動要請を、尋常ではない大災害だと認識しつつ、自らの判断で遅らせた事実が看過されるわけではない。当時の災害対策基本法では、自衛隊の災害派遣出動要請は、県知事にのみ権限があったのである。
 なお、この後に貝原知事は引責辞任などしたわけではない。2001年7月まで知事の椅子に居座ったこと、旭日大綬章まで受章したことを、記憶にとどめよう。

1995年1月17日午前5時46分に淡路島北部、明石海峡付近を震源とする直下型地震が発生。

  • 5時56分 - 伊丹市長・松下勉が伊丹市役所に登庁。
  • 6時 - 北淡町長・小久保正雄が町役場に登庁。
  • 6時35分 - 神戸市長・笹山幸俊が神戸市役所へ登庁。
  • 6時50分 - 兵庫県副知事・芦尾長司が県庁へ登庁。
  • 7時 - 芦屋市長・北村春江が市役所へ登庁する等、県内の各市町長が各市町役場へ続々と登庁。
  • 8時10分 - 陸自第3師団所属第3特科連隊から兵庫県消防交通安全課課長補佐・野口一行の元へ災害派遣出動の確認の電話が入る。
  • 8時20分 - 貝原知事、2時間30分遅れで県庁へ登庁。
  • 9時 - 小久保・北淡町長が県民局を通じて自衛隊の出動を要請。同時刻、松下・伊丹市長が陸自中部方面総監部に救援を要請。
  • 9時5分 - 国土庁災局が兵庫県総務部に自衛隊派遣の要請を行うよう通達。
  • 9時30分 - 神戸市が県に自衛隊出動を要請。

兵庫県から自衛隊への災害派遣要請を待たずに直接自衛隊へ派遣要請を行う市町村が続出。
  • 10時 - 野口課長補佐が陸自第3特科連隊からの「この連絡を以って派遣要請が有ったと認識して良いか」と言う電話を受け「宜しくお願いします」と回答。これが兵庫県から陸上自衛隊への正式な災害派遣出動要請となる。

« 山本肇「少子亡国論」かんき出版 | トップページ | 「石川知裕代議士の逮捕を考える会」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/47329859

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神・淡路大震災-あれから15年 貝原俊民 兵庫県知事:

« 山本肇「少子亡国論」かんき出版 | トップページ | 「石川知裕代議士の逮捕を考える会」 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30