無料ブログはココログ

2019年7月29日 (月)

赤い井沢元彦は天皇制度破壊の急先鋒②ー天皇家の墓暴きを煽動するスーパー極左

 天皇陵には、天皇家の祖先が祭られている。まともな日本人であれば、天皇陵の墓暴きなど発想すらできない。

ましてや、天皇陵の墓暴きをしろと白昼堂々と絶叫することなど、幸徳秋水、難波大介、八木秀次のような
どんな筋金入りの天皇制度廃止論者にすら、とても出来ることではない。

しかし、ここにその不敬をやってのける世紀の奇人が一人だけいた。

その人の名を井沢元彦という。

ここでひとつ提案がある。

井沢元彦は、まだ子孫が存在している墓を、調査目的で暴けと言っている。それならば、井沢元彦という超過激な天皇制度廃止活動家を生み出した井沢家の墓所を、なんらかの文化財に指定して発掘調査をしてはどうだろう。

そのためには、井沢家の祖先が埋葬された墓所が日本国内にあるのか、あるいは玄界灘の西側にあるのかというところから、まずは徹底的に調べなくてはならない。後者の場合は、日本国内ではないのだから、非常に残念ではあるが文化財には指定できないことになる。

 

『学校では教えてくれない日本史の授業2 天皇論』(PHP研究所、2012年)

P71  現在、宮内庁が発掘を禁じている古墳は箸墓古墳だけではありません。まず、いわゆる「天皇陵」に比定されている古墳はすべて一切の発掘はもちろん、立ち入りさえも禁止されています。その理由は、これは天皇家の私的な墓地であって、科学的調査の対象にすべきではないというものです。

 もちろん、天皇陵は天皇家にとっては個人的なお墓なのだから、それをみだりに掘るべきではないという考え方もわからないではありません。

 でも、日本国には日本国憲法があって、天皇は確かに国の象徴ではありますが、戦前のような絶対者ではありません。皇室の財産は国有財産だと考えれば、調査してもいいはずです。

(引用終わり)

2019年7月28日 (日)

赤い井沢元彦は天皇制度破壊の急先鋒①ー二・二六事件の真相を隠蔽するスーパー極左歴史漫談家

1932年の5・15事件は赤い海軍将校たちによる軍事クーデターであった。

その失敗を糧として、1936年に第二の軍事クーデター である二・二六事件が、赤い陸軍将校たちにより発生した。

どちらの事件も、スターリンがソ連大使館経由で赤い将校たちに命令して蹶起させたものである。

どちらも成功すれば、日本には軍事独裁政権が誕生していた。

二・二六事件の首魁は、言うまでもなく真崎甚三郎であった。真崎甚三郎は、昭和天皇を脅し上げて自らが軍事独裁政権の首班になろうとしていた。もちろん、用済みになれば、昭和天皇と皇族の方々は、ロシア革命のニコライ二世とアレクサンドラと同じ運命を辿らせる予定であっただろう。

 なお、エチオピアでは、メンギスツによる軍事クーデターが成功した後に、皇帝ハイレ・セラシェ1世は処刑(1975年)されている。

こんなこと、歴史学以前に常識中の常識ではないか。

いまどき中学受験の小学6年生であれば、これくらいのことはスラスラと答える。

しかし、こんな当たり前の事実を歪曲して、白昼堂々と2・26事件の赤い将校たちを擁護する奇特な自称・歴史家がいた。

その人の名を、井沢元彦という。

以下を読むだけでも、井沢元彦とは、八木秀次に勝るとも劣らぬ超過激な天皇制度廃止活動家であることが誰にでも理解できるだろう。

 

『学校では教えてくれない日本史の授業2 天皇論』(PHP研究所、2012年)

P334  天皇絶対が完全に定着したかに見える昭和の前期でさえも、二・二六事件の将校をほんとうに動かしていたのは、実は天皇ではなく「話し合いで決めたこと」でした。

(引用終わり)

2019年5月 6日 (月)

赤い八木秀次は天皇制度破壊の急先鋒㊱ー大日本帝国憲法で天皇は「民の父母」と規定されていた、という珍説

八木秀次は『正論』平成12年9月号に、「昭和天皇の憲法観を読み解く」を寄稿している。

ここでは、「民の父母」という珍妙な言葉が20回も出てくる。

八木秀次によれば、昭和天皇はポツダム宣言の受諾をする際に「立憲君主」のお立場を逸脱して、「民の父母」としての役割を果たされたそうである。

八木秀次以外の日本人には、「民の父母」の意味がさっぱり理解できない。

ポツダム宣言を昭和天皇が受諾されたのは、「国家元首」としての役割を果たされたことは、小学生でも知っていることだ。

国際社会でも、昭和天皇が「国家元首」と見做されているからこそ、ポツダム宣言の受諾が成立したのである。

「日本国民は天皇陛下の赤子」というならば、誰でも理解ができる。

また、フィンランドではマンネルハイム元帥、トルコ共和国ではケマク・アタチュルクが、「国父」と見做されている。

しかし、「民の父母」は、ほんとうに意味不明で珍語の中の珍語である。そもそも昭和天皇は男性なのに、どうして「父母」になるのだろうか?

 教条的な天皇制度廃止論者の八木秀次が珍語「民の父母」を19回も連呼した理由について、以下のように推察してみた。皆様のご意見をお聞かせ願いたい。

1.昭和天皇が「大元帥」で「国家元首」であった事実を隠蔽したいため。

2.「父母」いうことから、八木秀次は、天皇陛下が女性でもよいと考えている。

3.コミュニストの八木秀次は、もちろん「国民」「臣民」という言葉が大嫌いなので「民」にした。

4.八木秀次は「民の父母」という言葉を定着させたかったが、あまりの荒唐無稽さに誰もついていけずに頓挫した。

 

『正論』平成12年9月号 「昭和天皇の憲法観を読み解く」

 大東亜戦争の開戦時には立憲君主として「公論」を尊重し内閣の決定に従われたが、国家滅亡の危機にあった終戦時には「民の父母」として敢えて自らの意志を優先させた。

(中略)

明治憲法の起草者たちは天皇に立憲君主であるとともに「民の父母」であることも期待していた。終戦の「御聖断」ではこの「民の父母」の役割を見事に果たされたのであり、昭和天皇は明治憲法の想定していた二つの天皇観を見事に体現されたのである。

(引用終わり)

2019年4月30日 (火)

赤い八木秀次は天皇制度破壊の急先鋒㉟-今上天皇が譲位されたら一宮家に格下げしろと公言する日本一の破廉恥男

 天皇陛下が譲位されれば、上皇陛下となられる。

当然、仙洞御所にお住まいになり、「上皇」というお立場になられる。

今上天皇も、譲位後にはもちろん「上皇」となられる。

しかしここに、今上陛下が御譲位された後には、「一宮家」に格下げせよと公言する破廉恥な男が現れた。

その人の名を八木秀次という。

赤い八木秀次の今上陛下への憎悪心が日本一であることに、もう誰も異論はあるまい。

八木秀次が、いずれ皇室にどんなテロを仕掛けたとしても、誰も不思議には思わないだろう。

八木秀次は皇族にとって、日本一の危険人物である。

本ブログで紹介した幾多の証拠が示すように、皇室に対して、八木秀次は誰も考え付くことすら全く不可能な数々の不敬を成してきている。

皇室破壊運動の第一人者である八木秀次が、今後もなにをしでかすかわからない。

八木秀次が皇居や仙洞御所の半径30㎞以内に立ち入らないような措置をとられければ、皇宮警察といえども皇族の方々をお守りすることはとてもできそうにない。

 

「生前退位」は選択肢の一つ、 望ましくない陛下のご意向の既成事実化  

https://ironna.jp/article/3715

 

譲位・退位後の天皇の法的な地位についても慎重な検討を必要とする。

(中略)

身分についてはどうするのか。内廷皇族として処遇するのか、宮家の一つとして処遇するのか

2019年4月29日 (月)

赤い八木秀次は天皇制度破壊の急先鋒㉞-今上天皇の「大喪の礼」「御陵」潰しのみならず、「上皇」を廃止し「前天皇」を提言する絶世の大悪党

武蔵陵墓地には、大正天皇陵、昭和天皇陵が造営されている。

今上天皇がこのたび譲位される。

畏れ多いことながら、崩御後には武蔵陵墓地には「平成天皇陵」が造営されることになることは確実であり、それ以外のことは誰も想定すらできない。

しかし、譲位された後ならば「大喪の礼」を廃止し、「御陵」なんて造営するべきではないと主張する、世紀の無頼漢が日本に一人だけいた。

その人の名を八木秀次という。

また、八木秀次は白昼堂々と「前天皇」という完全オリジナルの不敬きわまる珍語を創作している。

赤い八木秀次は「上皇」という地位を完全に廃止して、「前天皇」にしたいのであろう。

 

 

「生前退位」は選択肢の一つ、 望ましくない陛下のご意向の既成事実化  

https://ironna.jp/article/3715

 

崩御の際の大喪の礼陵墓についても、現職の天皇と譲位・退位後の「前天皇」と区別する必要はないのか。

2019年4月28日 (日)

赤い八木秀次は天皇制度破壊の急先鋒㉝-「上皇」制度の廃止を画策する完全なる狂人

天皇陛下が譲位されれば、「上皇」陛下になる。そののちに仏門に入られれば、「法皇」である。

こんなこと、白河上皇や後鳥羽上皇の例を挙げるまでもなく、歴史漫画を読む小学2年生にすら常識中の常識である。

今上天皇が譲位されたのちに、「上皇陛下」となられることに、異論などあろうはずがない。

しかしここに、「上皇」という制度の存在をいったんゼロベースにして議論しなおせと公言する狂人が日本に一人だけいた。

その人の名を八木秀次という。

「上皇」の称号が駄目というならば、八木秀次はどんな腹案を持っているのか、いまからでも公表する義務があるだろう。

 

「生前退位」は選択肢の一つ、 望ましくない陛下のご意向の既成事実化  

https://ironna.jp/article/3715

 

譲位・退位後の天皇の法的な地位についても慎重な検討を必要とする。まず、譲位・退位後の天皇を何と称するのか。歴史上は「太上天皇(上皇)」と称するが、これでよいか。

 

2019年4月25日 (木)

赤い八木秀次は天皇制度破壊の急先鋒㉝-東日本大震災の犠牲者を自分の保守偽装に利用する鬼畜

2011年3月11日に発生した東日本大震災では、確定しているだけでも一万五千人以上が犠牲になった

戦後最大の自然災害であった。

家族や財産や故郷を失い、いまも悲嘆にくれる人々が多い。

天皇皇后両陛下の御心痛も、いかばかりだろう。

被災地や避難所で、天皇皇后両陛下による御慰問に励まされた被害者はそれこそ数知れずであった。

そんな機会すら、自らの保守偽装に利用してしまう、想像を絶する鬼畜生が日本に一人だけいた。

その人の名を八木秀次という。

日本屈指の超過激な天皇制度廃止論者が、「天皇皇后両陛下とともに被災地に心を寄せ続けたい」などブラックジョークにしても度が過ぎている。人として許される言動ではないだろう。

東日本大震災の犠牲者に対する、これほどの冒涜があるだろうか。

これほどの冷酷非情さは、通常の人間にはとてもできない。八木秀次は完全無欠の唯物論者だから、どれだけ人命が失われても全く心が痛まないのだろうし、むしろマルクスや毛沢東と同じく、大量の死者がでることに快楽を覚えているのかもしれない。

八木秀次が執筆したコラムが掲載されている新聞を購買することは、人倫に悖る。

八木秀次が執筆したコラムやインタビュー記事が掲載されている雑誌を買うことは、人の道に反している。

八木秀次の講演を聴きにいくことは、畜生道への転落と同義である。

八木秀次のゼミを選択する大学生は、世間から極悪非道教授の門下生と見做されて、これから先の長い人生を失うことになる。

 

 

 

被災地を勇気づける陛下のお心 (産経新聞 正論 2013.3.13 )

https://www.sankei.com/life/news/130313/lif1303130023-n1.html

陛下は皇后陛下とともに2万人を超す死者、行方不明者、また被災者にずっと心を寄せ続けておられる。 11日に行われた政府主催の東日本大震災2周年追悼式でも、被災者の身の上を案じながら、「この人々のことを、私どもはこれからも常に見守り、この苦しみを、少しでも分かち合っていくことが大切だとの思いを新たにしています」と述べられている。

 

 両陛下は震災の起きた平成23年3月末から5月にかけて、7週間連続で1都6県にわたって被災地・被災者を見舞われた。瓦礫(がれき)の前や海に向かって黙祷(もくとう)され、避難所では正座されたり床に膝をつかれたりして被災者一人ひとりに声を掛けられ、話を聞かれた。

(中略)

両陛下とともに被災地に心を寄せ続けたい。(やぎ ひでつぐ)

2019年4月24日 (水)

赤い八木秀次は天皇制度破壊の急先鋒㉜-「皇位継承権を持たない男系男子の皇族」という大詭弁

 現在の皇室典範は、旧11宮家の子孫で民間人になられた男系男子が皇籍に戻られる事態を想定していない。

 さらに、明治の皇室典範増補第一条に基づいて大正9年から昭和18年にかけて臣籍降下して華族になられた12名の皇族を先祖に持つ男系男子が、皇籍に復帰することを想定した条文はない。
 

 とはいえ、現在の皇室典範は明々白々に神武天皇の男系男子であるこの方々が、皇族に復帰することを明文として禁止しているわけではない。

たしかに、八木秀次が吹聴しまくっている、旧11宮家の男系男子が現在の宮家に養子として入るというならば、皇室典範第9条の変更が必須となる。これは八木秀次が公言していることだ。

また、八木秀次が執拗にこだわる「皇位継承権のない男性皇族として皇籍に復帰した後に、女性皇族と結婚して生まれた男子のみが皇位継承権を持つ」にするならば、皇室典範の第一条、第二条を変更する必要があるだろう。言うまでもなく、「皇位継承権を持たない男系男子の皇族」は、八木秀次の完全オリジナル創作の大詭弁であり、天皇制度の歴史を根底から覆す究極の伝統破壊である。

 

しかし、もっとも常識的に、この方々が「皇位継承権を持つ男系男子の皇族」として皇籍に復帰されるのであれば、現在の皇室典範を改正する必要性は全くなく、特例法を制定すればよいだけである。

 八木秀次は、有識者会議のヒアリングで、旧11宮家の男系男子が皇籍に復帰するには皇室典範の何か所かを改正しなければならないから現実的には難しい、と明言している。ところが狡猾な八木秀次は、皇室典範の第何条をどのように改正するするべきかを明らかにしない。

 八木秀次は当代随一の天皇制廃止論者だから当然であるが、本心では旧11宮家の男系男子がすんなりと皇籍に復帰することをなんとしても阻止したい。もしもそれが阻止できなくなっても、旧11宮家の男系男子が「皇位継承権を持つ男系男子の皇族」として皇籍に復帰することだけはなんとしても食い止めるために、詭弁の限りを尽くしているのだろう。

 

 

皇室典範に関する有識者会議  第6回 平成17年5月31日

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/dai6/6siryou3.html

第1案にもう一度戻っていただきますと、旧11宮家は、現在、7家が存続し、5家に次世代の男系男子がいらっしゃることが『文藝春秋』の今年の3月号で確認されております。 ただ、この文春の調査も直系を重視した調査でありますので、さらにほかにも男系の男子がいらっしゃると思われます。
 その中から、御本人の意思を尊重しつつ、これは多ければ多いほど私はいいと思いますけれども、3人から7人が復帰をなさるという案はいかがでしょうかということでございます。
 第2案は、皇族の養子を認め、その際には、皇室典範第9条の改正の必要がありますが、旧宮家の男系男子を皇族とする。養子による宮家存続案ということであります。できればここに内親王・女王が妃殿下として嫁がれることが望ましいと存じます。傍系と直系との血を近づける措置であります。
 第3案は、過去には例はありませんので、できれば私はこれを避けたいと思いますけれども、女性宮家を立てる。ただし、内親王・女王が旧宮家の男系男子と婚姻された場合に限るとするということでございます。

(中略)

八木助教授 第1案につきましては、典範の何か所かの改正が必要かと思います、第2案については第9条の改正、第3案については第15条の改正で済むかと存じます。私といたしましては、実はここに優先順位が既にございまして、第1案は実際には難しいのではないかと思います。一番ソフトランディングできる案は第2案ではないかと思います。

(引用終わり)

2019年4月23日 (火)

赤い八木秀次は天皇制度破壊の急先鋒㉛-有識者ヒアリングで、臣籍降下して華族になった男子皇族が一人もいなかったと明言する日本一の天才詐欺師

明治皇室典範増補第一条に基づき、大正9年から昭和18年にかけて12名の皇族(山階宮芳麿/藤麿/萩麿/茂麿、久邇宮邦久/邦英/家彦/徳彦、伏見宮博昭/博英、朝香宮正彦、東久邇宮彰常)が華族に臣籍降下された。

こんなこと、どんな落ちこぼれの不良中学生でも知っている常識中の常識であろう。

言うまでもなく、この12名のいずれかを先祖に持つ男系子孫は、全員が神武天皇以来の男系子孫である。

有識者会議のヒアリングというきわめつけに公的な場で、この方たちが一人もいないと堂々と主張する大胆不敵な人物がいた。

その人の名を八木秀次という。

議事録にも記録されるこれだけ公的な場で、ここまでの大嘘を言ってのけるとは、ちょっと常人にできることではない。八木秀次は、詐欺師としては天賦の才に恵まれているのだろう。

 

皇室典範に関する有識者会議  第6回 平成17年5月31日

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/dai6/6siryou3.html

ここで、私の考えでありますが、昭和22年10月に臣籍降下した旧11宮家に注目が集まらざるを得ないと存じます。
 旧11宮家でありますが、男系の血筋を持っている方々であります。もちろん、民間の中にも男系の血筋を持っている人々が大勢おります。私もあるいはここにお集まりの先生方にもそういう血が何らかの形で継承されているかもしれません。しかし確実に神武天皇以来の男系の血筋が継承されているということが確認できるのは、この旧宮家だけであります。

(引用終わり)

2019年4月22日 (月)

赤い八木秀次は天皇制度廃止の急先鋒㉚-徳仁「皇太子」廃位を煽動した日本一の漢奸

 八木秀次は、徳仁皇太子殿下の働きぶりが十分でないから失格、一刻も早く辞めてしまえ!と絶叫する。

八木秀次の論法では、怪我や病気や家族のことで十分な社会的活動ができなくなったら、皇族失格ということになる。

八木秀次の、皇族に対する憎しみの深さは計り知れない。

八木秀次は、今年の5月以降、徳仁天皇陛下にも同様の罵声を浴びせかけ続けるつもりなのだろうか。

それとも、攻撃対象を秋篠宮殿下に変更するのだろうか。

 

 

皇太子さまへのご退位提言に「一刻も早い方が」と賛同する人も 2013.03.01 07:00  女性セブン

https://www.news-postseven.com/archives/20130301_174196.html

 

「山折氏が言われている“退位”とは皇族の身分を離れるというより、“秋篠宮さまに皇位継承権を譲られてはどうか”というものだと思います。これには私も賛成です。なぜなら皇太子さまは、ご自分の家族に精神的な重きを置かれているようで、本来、皇太子さまとして果たされるべき役割ができていないように感じるからです」(八木教授)

(引用終わり)

«赤い八木秀次は天皇制度破壊の急先鋒㉙-雅子妃殿下を皇室から追放したかった極悪人

最近のトラックバック

ウェブページ

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31